ブログランキング

逗子メディスタイルクリニックFacebookページ

夏休みに上田城へ

こんにちは、りえです。

 

夏休み、いかがお過ごしでしょうか?

10〜15日までクリニックはお休みをいただき、私は逗子に友人を招いたり、

一泊で上田城へ行ってきました。

 

 

上田城は今、大河ドラマで大注目!

私は観てないのですが、小学校5年生の長男が思いっきりはまっており、

私が涼しいところ行きたいな〜、長野とか〜とつぶやいていたら

「じゃあ、上田城に行きたい!」

となり、涼しい蓼科に一泊(というか、直前に決めたので、ここしかあいていなかった・・・)し、

翌日上田城へ。

 

大河ドラマ館というのができていて、この日は入場制限するほどおおはやり。

スタッフの人が

「今日はものすごいな・・・」とぼやいているのを耳にしました。

 

 

売店もものすごい人人人。

迷う暇もないので、子供がこれが欲しいというのをろくに確認もせずに了解したら、

なんと『陣羽織』なんぞを買っていました・・・

 

いつ着るの〜!?

(勉強するとき着るんだそうです。ほんとか!?)

 

男の子3人が集まると私には理解できないですが、戦国時代ものって興奮しちゃうんですね。

当然刀のおもちゃは必須で、それここでしか買えないっけ?という突っ込みはおいておいて、

2歳の三男までいっしょになって、ちゃんばらごっこが始まり、我が家は現在戦国時代です・・・

 

パパも盛り上がってしまって、刀のペーパーナイフなんて買っていました。

それ要るのぉ?

 

とはいえ、真田家の知略に長けたお家存続のための処世術など、私で感心してしまう歴史も勉強になりました。

 

しっかし、暑かった!!

車の温度計で”37度”しっかりでてました。
城下町は陽炎で揺らいでおりました・・・

 

 


第34回日本美容皮膚科学会へ行ってきました。

こんにちは、りえです。

8/6,7は美容皮膚科学会へ行ってきました!

 

会場は新宿の京王プラザホテル。

 

湘南新宿ラインで一本だったので、ラクチンでした。

 

今年は新しいお薬が沢山認可されて、ニキビ治療のガイドラインが変わったので、

かなりの部分をにきびの話題が占めていました。

 

皮膚の常在菌であるアクネ菌は乳幼児の頃はほぼゼロで、思春期の頃から爆発的に増えるのですが、

本当にアクネ菌がニキビの原因なのか?

海外のニキビ治療の最前線は?

良い状態を維持するのに必要なケア・メイクの是非

など、とにかく微に入り細に入りニキビ・ニキビ・ニキビ

 

といっても、大きく普段の治療が変わるわけではなく、

基礎研究については非常に勉強になりましたが、

だいたい今やっている診療をなぞっている感じでした。

 

ボトックス注入に関しては表情筋の”ハーモニー”として、

お互い協調している筋について解剖学的なお話が聞け、

普段思っていることが、きれいに整理されて、とてもすっきり。

このところボトックスの患者様が多く、みなさん大変満足されているのですが、

私の診察でコンビネーション治療をおすすめすることも増えてきています。

ボトックスだけでの治療の限界というか、

もっときれいにしたい!できる!ことも多くなってきているので、

今後はコンビネーション治療の話題も出てくるのではないかな、と思います。

 

それから、2日目の朝イチのセミナーで私が「おおっ!!」っと思ったのが、

コラーゲンペプチドのお話。

 

コラーゲンドリンク・サプリなど、一般にはとても沢山出回っていますが、

従来の医学的栄養学的には「コラーゲン飲んで皮膚のコラーゲンができるなら、髪の毛食べて増毛するのか」的な否定ばかりでした。

 

それが、京都大学農学研究科の佐藤先生のご発表で、経口摂取のコラーゲンペプチド由来の成分がかなりの高濃度で皮膚に発現し、創傷治癒を促進させたり、また、50代以上の女性における肌の弾力UPさせる結果がお示しされていました。

思った以上にダイナミックに、短時間に食べたものが、身体の構成を変えているようで、
これからもっともっと一度否定された食べ物やサプリが、また再発見再確認されることも増えるかもしれませんね。
なんでも一度で決め付けてしまわず、多方面から評価する必要がありそうです。
(ちなみに当院では水素水のサーバーがおいてあります。治療のためと言ってしまうにはまだまだ報告もすくなく、あくまで当院では無料サービスで『効くといいよね』という位置づけです。これももっと研究が進んでよい結果がでるといいですね。)
2016-08-01 11.36.05.jpg
今日は我が家の琉球朝顔。毎日どんどん咲いていて、我が家の夏の風物詩になりそうです。

 

 

 


トレイルランに参加してきました!

こんにちは、りえです。

 

今日はかなり雨足も強く、いらっしゃる患者様の足元がみなさま濡れています。

 

月曜日は朝、窓を開けた瞬間に

「これは、梅雨明けしたな」と確信が持てるほどの、暑さ!空気!

 

そんな、真夏日に我が家はトレイルランの大会に参加してきました!!

 

第一回Junior Trail Running1n 逗子・神武寺

 

トレイルランニング:野山を走り回る

 

全くの初体験だったのですが、

我が家の三人兄弟は、3男坊まで未就学児の枠で出場しました。

 

トラックや、舗装された道路ではなく、野山を走るスポーツなので、

バランス感覚、瞬発力、持久力、判断力など、総合的に鍛えられるんですね。

 

IMG_2763.JPG

 

第一回だというのに大勢の方が参加していて、大盛り上がり。

静岡や、千葉からも遠征してきている方も!

 

さて、普段サッカーで鍛えている長男はスタートダッシュこそ良かったものの、

まさかのほぼビリ・・・

 

途中でコースを迷ってしまったとのことですが、

瞬時の判断や、恐怖心の克服など、メンタル面の弱さが露呈した感じです。

 

細くて、普段ヴァイオリンを嗜むだけの次男が意外と健闘。

表彰台は逃しましたが4位と、負けん気の強さが、幸いしました。

 

IMG_2820.JPG

 

足が速いだけでもだめで、なかなか面白いスポーツですね。

 

三男坊も短いコースながら、パパにだっこされることもなくゴール!

小さいお子さんは、抱っこされて、寝ちゃいながらゴールするほほえましい光景も。

 

暑い暑い日でしたが、神武寺の豊かな自然の中でしたので、吹いてくる風は涼しく、

木陰はひんやりと気持ちよかったです。

 

IMG_2798.JPG

 

ちなみに、”葉山こどものための歯医者さん”で協賛させてもらいました!

スタッフビブスにバッチリ

 

IMG_2757.JPG

 

 


半年ぶりのガン検査

こんにちは、りえです。

 

今日は半年ぶりに乳ガンの再発チェックに行ってきました。

結果に時間がもう少しかかる検査もありますが、

ひとまずクリア。

 

帰りの電車の中のiPad の充電器買わなきゃなあ、と病院を出て横断歩道を渡っていると、

だんだん嬉しさが込み上げてきて油断すると涙がこぼれそうになりました。

強がってもまだまだ執着があるんだなぁと自分を笑いながら、

思い浮かぶのはやっぱり子供達の顔。

 

死ぬのは怖くないけど、別れが怖い

 

未来に執着するのはキリがなくて虚しいことだけれど、

未来に顔を向けていないと一歩も踏み出せないんですね。

 

出産や、病気を経て短期間に自分の価値観を変化させられたのを感じます。

 

何もなかったら息をするのも苦しい位の気持ちで、子供の顔を見つめることがあっただろうか。

誰か他の人の人生を生きられなくてあがくより、自分の人生を生きていることを普通に納得できていただろうか。

 

もちろん、人間だから一瞬は人を羨ましく思ったり、焦りを感じたりするんだけれど、

以前のようにいつまでもグラグラせずに、5分もしたら心が平らになるのは強くなったのか、

それとも諦めなのか

 

これまでも割りと人に対するストライクゾーンは広めだと思っていましたが、

最近はさらにストライクゾーンが広がり、

その分、こりゃ無理だ、という球筋ははっきり分かるようになってきた気がします。

 

人生の困難に向き合っている人が近くにいても、構えずにその人を見つめられるようになったのは成長かな

 

諦めと受容と希望が渾然一体となって私の隣にいるようです。

 

比較的若い人の乳ガンの話題が世間を賑わしていますが、

そうなることを不安に思うより、そしてそうでないことをホッとするより、

自分の人生を受け止める覚悟だけは持っておいたらいいよねって思います。

 

ほんと人生って自分の想像以上なんですよね!

それって楽しいかも!?

 

ひとまず、次の課題が来るまで、エネルギーをためておこうと思います。

今日は駅に売っていた八天堂のクリームパンで家族でお祝いしようかな

 

 

 

 

 


ささやかな努力

こんにちは、りえです。

九州で震災にあわれた方に心よりお見舞い申し上げます。

先週、形成外科の学会で博多に行っており、
帰ってきたその日の晩に初めの熊本の地震がありました。

また、数週間前に、子供たちと九州の電車に乗りに行こう!と
ローカル線・特急などを乗り継ぐ旅を山口→大分→熊本→鹿児島というルートでしていたばかりです。

楽しい思い出が沢山あるだけに、とても遠いこととは思えません。

人知の及ばないところは無限にあって、
自然災害や病気は完全にはコントロールできないのだと思い知らされます。

日曜日に我が家では家族みんなで避難訓練をしました。
避難場所と言い合せた場所まで歩いてみました。

子供たちも「こんなときは、どおするの?あんなときは?」
と質問が出てきて、色々と情報や意見の共有が出来たように思います。

願わくば悲しい思いをせずにすませられるように。
生きていれば楽しいことばかりではないのは重々承知です。
でも、少しでも何かしらの努力でそれが少なくすむように。
いつもそんなことばっかり考えているのは苦しいけれど、ときには面倒くさがらずに向き合わなければいけないなと思います。

病気も今の医学でまだまだ完全に予防できないけれど、
やっぱりあきらめずに健康維持の努力も必要なんですよね。

毎日あたりまえの生活があたりまえにできるように。
正直若いときはそんな風に考えたことはなかったですが、
やっぱりここに落ち着きます。

震災で生活が変わってしまったみなさんの、平穏な毎日が一日でも早く戻りますようにお祈りいたします。

 

薄毛治療のセミナーに行ってきました

こんにちは、りえです。
土曜日の夕方から夫のお付き合いの会合が我が家であったので、
料理をしたり、片づけしたりで大忙し。
翌日曜日は午後から品川へセミナーを受けに。
1人でゆっくりお勉強できる時間は貴重です。

以前から興味のあったHARG治療。
脂肪幹細胞から抽出したサイトカインという物質を薄毛が気になるところに注射することで、
弱った毛根の細胞を活性化させるという治療です。

日本に入ってきてからしばらく経ち、臨床結果もだいぶそろってきているので
当院でもそろそろ、と思い情報収集へ。

HARG療法に力を入れている先生のご講演だったのですが、
適応となる患者さんは選ばないといけないですが、
ほぼ100%生えてくるとおっしゃっていました!
しかも、いったん生えれば後戻りもなく、演者の先生ご自身もかつての頭頂部の薄い写真を供覧してくださっていましたが、7年経って、まだふさふさしていました。

ということで、結果と副作用の問題がクリアされたのでぜひ当院で導入を、と思うのですが、
なにぶん「注射」となると二の足を踏まれる方も多いのではないかと思います。
そこで、もう一つ興味があったのは、無針の注入法。

演者の先生は炭酸ガスを使って圧力をかけて注入するカナダの機械を使っていたのですが、
これでも結果は注射と変わらず。

痛みも針での注射とは格段に違うので、これなら気軽に治療ができそうです。
実は歯科の分野でも無針の注射がでているので、機械はこれからいくつか試して行きたいと思います。

女性の薄毛のご相談も増えていて、
これからは薄毛はクリニックで治す時代になりつつあります。

現在も内服薬での治療を行っております。
薄毛が気になる方はぜひご相談にいらしてください。



 

バレンタインデー

こんにちは、りえです。

明日はバレンタインデーですね。
当院では、毎年恒例のバレンタインデーフェアとして、来院された患者様に2月に入ってからキシリトール配合のハート型のチョコを配らせていただいています。


私もなんと医科スタッフからバレンタインデーのプレゼントをもらっちゃいました!

メディスタイルのモチーフにもなっている、シェルのネックレス
めちゃくちゃ可愛い〜



診療中でも着けておけるさりげなさがスタッフの気遣いを感じます。
ありがとう!!

そして、淳二先生は
ゴディバのチョコプレッツエル


日本では売ってなくて、どなたかからのお土産で頂いてから淳二先生のひそかな好物なのですが、
どうやってか探してきてくれたようです。

愛があるなあ。感動〜!

いつも支えてくれているスタッフたちに本当に感謝です。

明日、私は子供たちにガトーショコラを焼く予定。
上手にできるかなー?


 

肌診断

こんにちは、りえです。

葉山院のそばに最近葉山院を含めて、クリニックが何軒もOPENしてきています。
そのため、薬局さんも12月からOPENされるとのこと。

昨日、じゅんじ先生と葉山院に行ったついでに、薬局さんの内覧会をやっていたので、覗いてみました。

イベント用に準備したという健康チェックの機器が並べてあり、
時間があれば、骨量チェックなども試してみたかったのですが、
唯一トライしたのは

肌診断!

ちなみに、医学的見地から言いますと、こういった機器は正直正確ではありません。
ホントに骨量を正確に調べたければ、CT撮ったほうがいいですし、
肌診断も開発はされていますが、なかなか学会が認めるほど信頼性の高い診断機器もありません。

お遊びではありますが、ちょっと面白いですよね。

金属のヘッドホンみたいなものでほっぺをはさんで、手を機械に載せて数分で診断。
診断中にじゅんじ先生が薬局のスタッフさんたちに
「この人、美容皮膚科の先生なんですよ〜」
なんて言ってしまうので、みんなが注目。私は冷や汗・・・

結果は・・・

PB260157.JPG

26歳!!

よく、しつけられた機械でございました。
薬局の店長さんもおそらく冷や汗かいていたことでしょう。
みんなで胸をなでおろした瞬間でした。

すみません、気を遣わせて。
 

働きながら”断食”しました!

こんにちは、りえです。

突然ですが、「断食」したことありますか?

仕事が忙しくって一食食べられなかった、ということはときどきありますが、
基本食べるの大好きなわたしは断食なんて〜

いろいろ断食の効果は医学的に認められており、クリニックの治療メニューに入れた方がよいのは分かっていたものの、辛そうで自分ができないのに、患者さんにだけやらせるのは・・・と躊躇しておりました。

ですが、今回ようやく断食できそうなサプリを見つけたので、スタッフで有志を募って
5名で断食を試してみました!!

断食期間は3.5日
私は仕事のある木・金・土・日AMで行いました。

2015-09-25 18.03.44.jpg

厳密には全く何も食べないのではなく、
Re-proという 銑い泙任△襯汽廛蠅里Δ繊
,寮捗舛里茲Δ平紊僕呂すサプリを4袋飲みながら行うのですが、
抹茶にほんのり生姜味で日本人の舌に飽きることがなく、3日半おいしくいただけました。

さらに、あまり無理しないように、ゆで卵や豆腐などの炭水化物ではないものは少量食べてもOKです。

一日目は勢いがあるのかあまり辛くなかったのですが、さすがにお腹が空いて眠れる気がしなかったので「ゆで卵一個」を寝る少し前に食べました。
一番断食しています!という感じがしたのが2日目。
血糖値が下がっているためそこはかとなく頭痛が。

週末に予定があるということで、一足早く断食を始めたW田さんのアドバイスであたたかい飲み物を飲んでまぎらわせました。

H谷さんはさらさらな飲み口のサプリが腹持ちしない、、、と初日にぼやいていたので、
「チアシード」を混ぜるようにアドバイスしたところこれが当たり。
サプリの食感が変わって、さらにおいしい。
2日目のお昼が過ぎるとテンションがあがってきました。



そしてやっぱり寝る前にゆで卵一個を食べました。

3日目はもうあまり苦しくなく、仕事も一番忙しい土曜日でしたがこのまままだ続けられるんじゃないかと思うほど。


結局血糖値が乱高下しないようにするのがポイントなので、,鬚舛咾舛唹むのがポイント。

2015-09-10 12.39.32.jpg

さらに、断食中は便秘になるのですが(当然食べていませんから。)断食後も便秘が続くことがあるため、
それを予防するため、乳酸菌のサプリ△皸みます。
これはヨーグルトのような味で若いスタッフに好評でした。
(私の場合は、その後スリムビフィというサプリを飲んだほうがすっきりしましたが。)

普段飲んでいる薬やサプリもいつもどおり摂取して特に問題なく、
”断食”と構えるほど辛くもなくコンプリート。

体重は1〜1.5kgくらいしか減りませんでしたが、
ダイエット目的の場合は断食で弾みをつけてさらに2週間一食置き換えを続けます。

私の場合、なんといっても収穫だったのは

「足るを知る」

ことができたこと。
人間、こんなに食べなくっても結構生きていけるもんだというのを実感できました。
胃も小さくなってあまり食べなくなりました。

それから、断食後に一時的ではありますが味覚が特に鋭くなります。
いろいろなものがしょっぱかったり、甘すぎたり。
結局普段徐々に舌がバカになっているのかもしれません。

ところで断食をコンプリートできたのは5名中4名
一番若い衛生士のH田さんは早くからレスキューの飴をたくさん舐めてしまったのが失敗の原因と思われます。
先ほどもいいましたが、血糖値を乱高下させてはいけないので、どうしてもお腹がすいたらまずはタンパク質を食べなければいけません。
どうしても頭痛がひどいなどの症状があるときに飴を舐めてもいいよとはいいましたが、はじめっから舐めまくってはいけませんね。

それにしても、「断食」
私はあんまりやりたいっていう方はいないんじゃないか、と思っていましたが、
私がちらっと「断食したんですよ」と世間話のついでにお話しした方のうち、想像以上に興味がある方が続出!
断食道場に行きたいんだけど、さすがに時間とお金が・・・という方が、外来でできるならやってみたい!!とおっしゃるので、
治療メニューに取り入れることがスムーズに決定いたしました。


断食のメニューによって買っていただくサプリの数が違います。
診察代検査代は別ですが、断食だけなら13000円から、代謝を上げたり、ストレスからの回復をさせるサプリなどを加えるフルラインでも43500円でできますよ。











 

針を刺す前に麻酔クリーム

こんにちは、りえです。

今朝、駐車場で瀕死のセミが転がっていたのですが、
次男坊が
「ひかれちゃうよ〜」
と場所を移して、

「最後にひかれちゃうのは嫌だよね。もうすぐ死んじゃうけど最後まで生きなきゃ。」

となかなか深いことを申しておりました。

さて、今月は私の誕生日月なので、
メンテナンスもちょいと力を入れています。

レーザーフェイシャルだと取りきれないシミとほくろをあえて炭酸ガスレーザーで除去して、
創傷被覆剤の比較実験。

ミリウム数個も取りました。

自分でレーザーしている様子をスタッフに写真に撮って貰ったのですが、
あまりに必死すぎて写っているので、社外秘ということになりました。
(鏡持ってもらって横目で見ながらレーザー打っている姿はどうしても絵にならない〜)

ところで、炭酸ガスレーザーするにしても、当院で普段使っている麻酔のクリームを使って行うのですが、
ほんと優秀です。

この麻酔クリーム、最近針を刺す治療の前に塗ることが保険適応になりました!

ポートへの穿刺なんて、「無痛」ですよ!!

これまで、お子さんの”縫う”治療にはサービスで塗ってたのですが、
これからは保険で算定できます。
そして、大人にも使えます!!

術前に20〜30分お時間頂きますが、いきなり注射の麻酔をするのが怖い方におすすめしています。

皮膚を針が通る痛さはかなりなくなりますが、薬液が組織を広げる痛みは完全には取れません。
さすがに、プラセンタの注射だけで塗ってとおっしゃる方はいらっしゃいませんが、
ご希望あれば大丈夫です。

できるだけ痛くなくなんでも治療したい私にはありがたいツールです。




 

<< | 2/13PAGES | >>