ブログランキング

逗子メディスタイルクリニックFacebookページ

女性薄毛治療*内服セットを作りました。

こんにちは、りえです。

 

楽しかった社員旅行から、涼しくなってきたおかげか、シミ取りの患者様が急増し、

ものすごく忙しかったです。

さすがに長雨のため、今日はちょっとキャンセルもあったりして、ブログを書いています。

 

たまにはクリニックの治療の宣伝もして、と言われたので。

 

やっぱり、ミノキシジルの内服はよく効きます。

リアップはミノキシジルの外用ですが、もうすぐ同じミノキシジルの外用薬の新しい市販薬がでるそうですね。

それも楽しみではありますが、やっぱり内服が効きます!!

 

特に女性の薄毛にはこれが一番です。

しかも、当院オリジナルの組み合わせのサプリと一緒にお飲みになると効果がさらにUPします。

とはいえ、ミノキシジルには”むくみ””全身多毛”といった特有の副作用がありますので、

しっかりご説明の上、処方しなければいけません。

私自身がいずれも経験して、その対処も心得ておりますので、安心してお飲みください。

 

この内服セットを始められた方には、お薬を取りに来ていただくたびにエレクトロポレーションという技術で増毛に役立つ機能性ペプチドを経皮導入する治療をサービスしています。

注射ではありませんので、まったく痛くありません。ただ気持ちよいだけです。

 

女性用薄毛治療内服セット30日分+エレクトロポレーション1回   20000円

 

 


初めての社員旅行 星野リゾート界熱海へ

こんにちは、りえです。

 

実は、9月末に医療法人メディスタイルは一日お休みをいただき、

なんと、社員旅行にみんなで行ってきました!

 

 

社員みんなで旅行ができるなんて、「みんな、とってもがんばったね!」うるうる。

コレもひとえに患者様、地域のみなさまのおかげです。

 

開院より7年と半年が経ち、たった6人で始めたクリニックから医療法人になり、

週1日くらいのパートさんも含めると50名弱までのスタッフになりました。

 

ほんとは、台湾に行こう!という壮大な計画もあったのですが、

日程と予算の関係で敢え無く海外は断念。

(すでにパスポートを取ったスタッフもいたのですが・・・)

 

海外をあきらめれば、国内で贅沢できるかも!ということで、

今回はサービスの研修も兼ねて、最近話題の”星野リゾート界”さんへ一泊二日でお世話になりました!

(上の集合写真は2日目の出発時に撮ったので、日帰り、朝早く帰った人達は入っていません)

 

朝から観光バスで出発!

大きい!

乗り込むなり、あちこちでビールの缶が開く音が。
スタッフが考えてくれたゲームと楽しいおしゃべりであっという間に箱根に到着
お昼におそばをいただきました。
お店はユネッサン箱根内の 蕎麦 貴賓館
旧家そのままで、窓ガラスも昔の波打ったもので、やわらかい光に、もう雰囲気は華族様気分
わさびをすりすりしてきっぱりとしたお蕎麦をいただきます。
ここでも乾杯!
伊藤博文の書に男性陣は熱弁を戦わせる・・・?
おなかが膨れたところでMOA美術館へ。
(モア美術館ではなくてエムオーエー美術館と読むそうです。)
なんといっても、まず景色!建築!
お天気も良かったおかげで素晴らしい眺望でした。
思い思いにゆったりと美術品や景色を楽しみ、
一流のものに触れる贅沢な時間を過ごしました。
(MOA美術館に流れる時間と空間の使い方が素晴らしくて、絶対また行きたい!)
そしてお宿へ。
崖にへばりつくように建っているおかげで、温泉に行く階段はかなり急で大変ですが、どの部屋からも景色良し。
(温泉に向かう途中)
(入浴後に一杯。)
(熱海の街に繰り出したり)
ベタに熱海で慰安旅行と来たらやっぱり宴会!
(まだ乱れる前の淳二先生からのお一言・・・)
途中省略・・・そして、朝!
ぷりっぷりの鯛めし!!
部屋担当のお兄さん、ちゃ〜んと抜かりなく「お写真撮りますか?」で手を添えて角度付けてくださいました。
さすが!
サービス、調度品、お食事、温泉が全て程よくバランスよく、心地よいお宿でした。
つかず離れずのサービスはみならわねば。
たった1泊とはいえ、充実した時間を過ごすことができました。
スタッフ同士もさらに打ち解け、風通し良く、チームワーク良くなった気がします。
また行けるといいな。
お休み、ありがとうございました!!

 

 

 

 


インフルエンザ予防接種のご案内

こんにちは。
朝夕と冷え込む季節になってまいりましたが、皆様体調はいかがでしょうか?

逗子院では、10月1日からインフルエンザ予防接種受付を開始しております。


去年と同じく、通常より細めの針を使用致しますので、お痛みも少ないかと思います。
患者様からの墨付きも頂いておりますので、注射が苦手という方にもオススメです。

13才以上、65才未満の方:4,000円
65才以上(葉山町・逗子市・横須賀市在住の方):1,500〜2,000円 
 ※65歳以上の方は、お住まいの市・町によって金額が異なります。
  詳しくは,お問い合わせください。
 ※完全予約でのご案内になります。
  
                                
毎年11月頃から、予防接種の予約が混み合ってまいりますので、ご希望の方はお早めにご連絡くださいませ!

ご予約・お問い合わせ先:逗子メディスタイルクリニック 046-871-8333

皆様のご来院をお待ちしております。

 

 


食育

こんにちはkyu

葉山こどものための歯医者さんです。

 

今回の食育は卒乳について。

保育所で働いている時からお母さんたちによく、いつごろ卒乳したらいいですか??

という質問を受けます。

以前は断乳だったのですが、現在、様々な考え方があって、

保育室に勤めているときは家庭によって考え方があるのでお母さんの方針によりです。

とお答えしていました。

昨今、働くお母さんが増えて保育園に通うお子さんが増えました。

保育所に来ている子は幼稚園の子と違って、保育時間が長いです。

帰ってから、お母さんやお父さんに会う時間が保育士と過ごす時間よりも短いこともあります。

そんな中で授乳時間はお母さんとお子さんにとってとても貴重な時間なため、お子さんの精神的な安定もためにも以前の断乳のようにこの時期になったらやめましょうとはならなくなってきました。

 

ただ、葉山こどものための歯医者さんでは卒乳の時期として1歳半までに。とお勧めしています。

それは何故かと言うと、虫歯のリスクが高まるからです。

母乳には乳糖という糖が含まれます。

ミルクなどに含まれるオリゴ糖などよりも実は虫歯のリスクは高いのです。

1歳半から3歳くらいまでのお子様の虫歯のリスクは他の年齢よりも高くなります。

その時期の授乳はないほうが良いとのことでお勧めしています。

 

乳歯を守って永久歯で強い歯になるように一緒にお子さんの成長を見守りたいと思いますので、何かあればご相談くださいねき

 

 


友人の偲ぶ会へ

こんにちは、りえです。

 

先日、大学時代の同級生の偲ぶ会へ行ってきました。

 

諸事情あって、私が発起人の一人として立ち上げた会でした。

 

その同級生とは東京医科歯科大学で机を並べていたのですが、

卒業後、彼はアメリカに渡って、心臓外科医になりました。

 

日本人がアメリカで一人前の心臓外科医として独り立ちするのは並大抵の努力や才能ではありません。

文字通り、私たち同級生のホープでした。

 

心臓移植も数多くこなし、ドナーハートを受け取りに沢山飛び回っていたそうです。

それこそ、空飛ぶ心臓外科医。

 

心臓外科医として就職するのに、手術の実技試験まであったと言います。

苦労して苦労して夢がやっと叶った矢先に病魔につかまってしまいました。

 

私が乳がんと甲状腺がんが発覚したのも、彼が白血病になる1年ほど前。

 

タイプの違う物かもしれませんが、同じ頃に悪性腫瘍に罹り、彼は亡くなり、私はいまだこうして元気にしている。

全く他人事ではなく、逆の立場もあり得たわけです。

 

 

話は変わりますが、先日いらしたハタチそこそこの患者さん。

喪服を着ていらしたので、ご親戚のお葬式?と伺うと、これから海の事故でお亡くなりになったお友達のお葬式とおっしゃいます。

 

それだけでも、残念なことですが、その患者さん、ハタチそこそことまだお若いのに、すでにご友人のお葬式が3回目とおっしゃるではありませんか。

亡くなられた原因はそれぞれですが、若い方がそんなに簡単にお亡くなりになるのは本当に悲しいことです。

 

人は必ず亡くなります。

そんな当たり前のことですが、十分に生き切った、と言い切れる人生をまっとうして亡くなっていかないと、

なんとやりきれないことでしょう。

 

今回送った私の友人も”やらずに諦めるより、努力することが大事”と言い残していたと言います。

 

私もがんを告知され、死を意識した時に、混乱のさなか、

明日死んでもいいと思える人生を送ってきたじゃないか、何をいまさら嫌がっているんだ、と気づいた瞬間、目が覚めた思いでした。

 

欲張れば際限がなく、諦めれば終わってしまう。

毎日を生き切ることが、生きることも死ぬことも楽にしてくれるコツなのかな、と思っています。

 

今この瞬間の幸せが泡のようであるけれど、その泡が本当に美しいことも知っているということの幸せをかみしめます。

この美しい泡を永久にとどめることはできないし、とどめた瞬間に美しさは違う物になってしまう。

 

そして泡のように消えてしまった、若人の命は、ただ遺された人たちの記憶にだけ空蝉のような美しさを残すのでしょうか。

 

悲しさと寂しさでとりとめのない文章になり、申し訳ありませんでした。

毎日誠実に生きる、まず、それが自分にできることですね。

 

 

 

 

 


<< | 2/148PAGES | >>