ブログランキング

逗子メディスタイルクリニックFacebookページ

お肌とヴァイオリン

こんにちは、りえです。

 

先日お庭と美肌作りの話をブログに書きましたら、なかなか反響があったので、こんなポスターを作っちゃいました。

 

 

美肌治療を始めるのに遅すぎるということはありません。

よく、

 

「もうこんなおばあちゃんだから」

「いまさらねえ」

 

と寂しそうに笑ってためらう方をお見受けしますが、

いやいや、お年を経ていくからこそお手入れ必要ですよ!

というのを、失礼にならないようにお伝えするにはどうしたらいいのか、なかなか悩ましい問題です。

 

ところで、先日次男のヴァイオリンを買い換えました。

いよいよ体が大きくなって、もう大人用のヴァイオリンを、と言われていたのですが、

コロナで買いにも行けず、かといって先生のヴァイオリンをお借りする状況になっていて、

万が一楽器に何かあったら、とプレッシャーを感じていたのですが、

ようやく少し落ち着いたこの隙に、と先生と一緒に楽器屋さんでたくさんの楽器を弾き比べさせてもらい、本人の気に入った楽器を購入しました。

 

購入した楽器はイタリアのヴァイオリン職人(まだ名人と言われるほどではない、そのお弟子さん)が作った新作ヴァイオリン。

お値段もそこそこしましたが、もちろんプロの方が使うようなのに比べれば全然お安いそうです。

 

新作ヴァイオリンとは違って、幾人もの弾き手の手を経たヴァイオリンもいくつも試させてもらいました。

結局、本人が気に入ったのに出会えたのでまったく文句はないのですが、

いまさらながらオールドヴァイオリン?モダンヴァイオリン?新作ヴァイオリン?いったいヴァイオリンて楽器の価値ってどんなもの・・・?と

ネットで情報を私なりに集めてみました。

 

手工品としてのヴァイオリンの世界には”中古”という概念は基本ないそうです。

(さすがに大量生産のヴァイオリンではあるかもしれませんが。)

 

まだ誰も弾いていない新作ヴァイオリンは、これからどんどん音が変わるそうで、

それこそ、1時間弾いているだけでも変わっていくこともあるくらい、弾き手と共に成長していくと言われています。

 

人の手を経てきたヴァイオリンは基本的に音は完成している。

特に、オールドヴァイオリンと言われる1600〜1700年代に作られた楽器などはものすごい価値を持っています。

でも、下手に使っていると音を潰してしまうことがあるといって、弾き手にとってもプレッシャーがかかるそうです。

 

といっても、正直ヴァイオリンの価値は私にはよくわかりませんし、結局落ち着くところは音が気に入るか気に入らないかみたいなのですが、

どうやら大事に弾き込んでいると音が良くなってくるようです。
本当のヴァイオリンの価値は50〜200年後に出る!と書いてあるサイトもありました。
つまりヴァイオリンという楽器の世界ではエイジングはむしろ価値になるのです。
新作ヴァイオリンの音が変化するというのも楽しみですが、
オールドヴァイオリンの枯れた音も魅力です。
人も一緒で、新しいうちはまだまだ変化し、古くなればその分個性が際立ちます。
でも、放っておいたり、扱いが悪かったりすれば、ただの中古ヴァイオリンです。
ましてや生きている人の肌は、自分で修復する能力を持っています。
その能力を殺さず、手入れを怠らなければ、美しくエイジングすることが可能です。
最近はアンチエイジングという言葉を嫌う方も増えてきていますが、エイジングを楽しむにはやっぱり手をかけてあげたいものですね。

 

 


コメント
コメントする