ブログランキング

逗子メディスタイルクリニックFacebookページ

2019メディスタイルカップ開催しました!!

こんにちは、りえです。

 

9月23日(祝)に第一回逗子海岸フレスコボール大会メディスタイルカップを開催しました!!

 

 

このブログを普段からご覧の方はご存知だと思いますが、

フレスコボールは、ブラジルリオデジャネイロ発祥のビーチスポーツ。

二人一組で行います。

羽子板のようなラケットで、できるだけボールを地面に落とさずに、制限時間内で何回ラリーができるかを競います。

今年のGWに逗子フレスコボールクラブさんと協力し、やはり逗子海岸で体験会を行いました。

映画祭があったのにも便乗し、300人もの方に体験していただきました!

その時以来、フレスコボールの認知度は逗子葉山で急上昇。湘南の他の地域で逗子フレスコボールクラブさんが行った体験会でもたくさん来るようになったそうです。

 

そして、今回はメディスタイルカップ!

優勝賞品をなんと、リオ往復航空券!としたことが功を奏し、

当日もたくさんの方にエントリーしていただきました。

一番遠くは福岡。関西から車でいらしてくれたグループも。

 

 

フレスコボールは「思いやりのスポーツ」とも呼ばれています。

ラリーを続けるために、お互いの打ちやすいところにボールを打ってあげる必要があります。

 

今回、公式試合ではなく、初心者にも気軽に参加していただくため、エントリーは個人で、クラブの方が経験者と経験の浅い方を分け、互いがペアになるようにくじ引きでペアを決定していきます。

フレスコボールは、ラケットさえ振ることができれば、お子さんからお年寄りまで、そして障害があってもできるスポーツです。

今回最年少は小学校2年生

ギャラリーが沸くような素晴らしいプレーを見せてくれました。(メディスタイル賞という特別賞を受賞!)

 

そして、御年70歳の逗子市桐ケ谷市長にも大会ご参加いただきました。テニスのご経験がありますが、今回初めて組んだ女性とさすがに見事なラリーでした。

 

 

さて、今回の大会、台風が来ているということで、前々から天気を心配されていました。

幸い、離れたところを通り過ぎてくれたおかげで雨は降らなかったのですが、置き土産の強風が砂を舞い上げる中行われました。

しかし、さすがビーチスポーツであるフレスコボール。

風速10メートルにもなる風の中、みなさん目を見張るようなプレーが続出。

熱いプレーにみなさん大盛り上がり!

誰が初心者か私ごときにはわからないくらいのラリーが続きます。

 

日本代表の斎藤亮太選手

 

『あいのり』という番組で若者に人気のプロフレスコボール選手の“嵐”こと五十嵐恭雄選手

 

試合中バタついてきたところにMCの方が、「思いやりだよ〜」と声をかけると、みんなフッとラリーが安定してくるのが面白い。

そして、上手な人ほど動かず同じ場所でやるので段々砂に足元が埋もれてくるのも新発見。

 

フレスコカップル💛

 

さて、今回“with海岸祭り”と称してフレスコボール以外にもイベントを企画しました。

 

カルチェットさん・とびうおクラブさん・love.fútbolさんによるビーチサッカー

ゴールは青竹や小坪の漁師さんの使い古した漁網などを使っていました。

 

 

3.11つなぐぺっしさんが、着衣水泳の体験を企画してくださっていたのですが、ぺっしさんたちが急遽台風の復興ボランティアに行かれるとのことで、中止でした。

 

そのほか、LUNAさんによるスティールパンの演奏も強風で中止になってしまいました。残念。

 

一方、フレスコボールの応援に逗子葉山のキッズチアリーディング"LinoKeikies”(リノケイキーズ)さんが、あの強風をものともせず元気のよいパフォーマンスを見せてくれました。

 

 

かわいいMCと力強いダンスに会場はノリノリに!

 

そして、プロのカメラマンさんによる“わんこ撮影会”

 

さすがの砂交じりの強風で逗子キッチンの玄米バーガーはあんまり売れず・・・(涙)

 

 

とはいえ、大会はリオのチケットをかけての熱戦が繰り広げられ・・・

 

 

 

傍らでのんびりと初々しいカップルがフレスコボールを初体験

 

 

そして、注目の優勝者はなんとこの日初めてフレスコボールのラケットを握ったという整体師さんでテニスコーチもされている方と、昨年の日本代表のペア!

元日本代表の方も普段テニスコーチをされているとのことで、この日初めましてのペアにも関わらず、さすが、テニスコーチ同士。あっという間に呼吸をつかんで、試合開始前はダークホースだったお二人の優勝でした!!

こんな奇跡もフレスコボールならでは。

 

 

屋外のイベントでしたので、天候により予想外のことも多く、反省点も多かったですが得るものも多い大会でした。

 

 

今回、お声がけしたことで、たくさんの方のご協力をいただきました。

 

公的機関にも好感触で、逗子市葉山町、そして各教育委員会、難しいといわれる神奈川県、外務省、ブラジル大使館の後援も得ることができました。

 

来年はオリンピックイヤー。

次回はビーチスポーツフェスティバルとして、もっと規模が大きくなりそうです。

フレスコボールがオリンピック競技になる日も近い!?


コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック