ブログランキング

逗子メディスタイルクリニックFacebookページ

”こどもの食卓”で歯磨き指導

こんにちは!逗子院歯科衛生士のイワダテです。

6月6日に葉山町上山口で行われた、

はやま食卓プロジェクトの”こどもの食卓”というイベントに

淳二先生と葉山こどものための歯医者さんのスタッフと一緒に参加してきました。

 

「はやま食卓プロジェクト」とは、

”食”を中心として「働く親や子育て中の親(特にお母さんたち)の手助けになること

テーマに立ち上げられたプロジェクトだそうです。

今年のテーマは”地域”とのことで、葉山こどものための歯医者さんも協力させて頂きました!

 

最初にボランティアのお母さんたちが作ってくれたごはんをみんなでいただきました。

私たちも手作りのカレ−をいただいたのですがオシャレですごくおいしくてびっくり!

デザ−トの手作り甘酒アイスまでいただいて、

食べるのに夢中になって写真撮り忘れてしまいました(^_^;

ごちそうさまでした!

 

さて、みんなでおいしくごはんを食べた後は歯磨きです。

一人一人に歯ブラシを配って、歯磨き指導スタ−トです。

 

 

 

こどものための歯医者さんの衛生士さんと保育士さんが主になって

磨き方を指導しました。

舞台で手に持っているお口の中の絵は保育士さんの手作りです!

歯の生え変わりがわかるように1本づつ取り外せるようになっています!

 

 

模型をもってまわっていると子供たちから、”ここ抜けたよ〜とか

”ここの歯はどうやって磨くの〜?”とか自分から話をしてくれてて、

自分の歯にちゃんと興味を持っていることにうれしく思いました^^

 

 

 

いつも逗子院でキリッと治療している淳二先生もこの日はカ−プの白衣です^^

 

今回のこどもの食卓のテ−マは”地域”とのことですが、

今回集まった60人のうち3分の2くらいが

こどものための歯医者さんにすでにかかっている子どもたちでした!

最近は虫歯予防が叫ばれていますが、

葉山のお母さんたちは意識が高いのかもしれません。

 

歯医者さんは歯が痛くなってから行くところではありません。

虫歯になる前からしっかりケアをして、

大人になっても自分の歯を残せるようにしなくてはいけませんね。

そして私たち歯科衛生士は正しい歯磨きの仕方を

子供たちに伝承しなければいけないということを強く思いました。

今回参加したこどもの食卓は年3回ありますので、

また次回につなげられるように切磋琢磨していきたいと思います!

 

 

 


コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック