ブログランキング

逗子メディスタイルクリニックFacebookページ

食育

こんにちは!!

葉山こどものための歯医者さんです。

先日、いらしていただいた患者さんからこんな質問をされました。

授乳回数が多くて、食事をあまり食べません。

授乳が減ると機嫌が悪くなってしまって寝るのも難しいです。

 

この様子を聞いて、保育士である私は1歳半から虫歯のリスクも高まることと、食事の練習をしなければならないので

食事後の授乳と、就寝前の4回まで減らしてみて下さい。とお話しました。

 

授乳回数が多いと食欲も落ちてしまい、食事のときに空腹の状態ではなかったのではないか。というところから試して頂くようにお伝えしました。

 

歯科の観点で皆さんにお伝えしたいのは飲み込む力と噛む力。これが備わっているかと言うことです。

もしかしたら、この子はおっぱいのほうが飲みやすくて、食事がうまくできていなくて、食事だけの量では足りなくて授乳を好んでいる。という場合もあります。

 

その場合、唇を閉じて食べられているか、ストローは上手に使えるか、発音はしっかりできているかなどのチェックが必要になるのです。

たくさん方法はあるものの、お子さんに合ったものに出会えるまでスタッフが一緒に考えて行きますので、気になることがあれば、お知らせくださいき


コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック