ブログランキング

逗子メディスタイルクリニックFacebookページ

食育

こんにちはkyu

葉山こどものための歯医者さんですき

ハロウィンが終わると急にクリスマスですね。

もう年末かと思うと、1年って本当に早いですね。

 

だいぶ、食育のブログも載せてまいりましたが、

そんな、教科書通りにいかないのが食育。離乳食。

私は保育士で、職場で離乳食を見る機会が多かったので、なんとなくこのくらいの時期にはこんな食事。

と、予測がつくのですが、初子育てのお母さんたちは、本当に努力してらして食事をよく考えていてすごいです。

 

毎回、歯医者で食事の相談を受けているのですが、努力して育児書を読んでいるお母さんほど、これであっているのかしら??と、不安になっているのがわかりますアセアセ

 

成長段階に合わせた食事って、本当に難しいです。

要は消化する力、咬む力、飲み込む力に合わせた食事。なのですが、

どんな食事にしてあげたら良いのかわからない。そんなときは、お子さんをよく観察して下さい。

歯がまだ生えてない。→歯がない自分だったら、どんな食べ物が飲み込みやすいかな??

歯は何本生えているかな。→自分がこの歯しか生えてなかったら何が食べられるかな??

ずっともぐもぐしている→食事の大きさは適当かな??入れすぎていないかな??

食事を食べない→運動はしているか、排便はきちんとでているか、ミルクとの間隔はあいているか。お腹がすいているか。

泣いてしまって食べられない→睡眠時間とのバランスは取れているか、保護者は笑顔で声をかけて食事を与えているか。

 

答えはお子さんか、保育者のどちらかに隠れていることが多いです。

子育て中の食事って戦争だってことはよくわかります。離乳食は50パーセントできて、体重が激変してなければ、合格ですDocomo80

肩の力を抜いて、ニコニコ笑顔で、せっかくの赤ちゃんと過ごせる時間なので、楽しめるといいですねきらきら

そんな風に楽しい子育てにできるように、相談があったら、これからも一緒に考えていきますのでよろしくお願いします星

 

 

 

 


コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック