ブログランキング

逗子メディスタイルクリニックFacebookページ

食育

こんにちはkyu

葉山こどものための歯医者さんです。

 

今回の食育は卒乳について。

保育所で働いている時からお母さんたちによく、いつごろ卒乳したらいいですか??

という質問を受けます。

以前は断乳だったのですが、現在、様々な考え方があって、

保育室に勤めているときは家庭によって考え方があるのでお母さんの方針によりです。

とお答えしていました。

昨今、働くお母さんが増えて保育園に通うお子さんが増えました。

保育所に来ている子は幼稚園の子と違って、保育時間が長いです。

帰ってから、お母さんやお父さんに会う時間が保育士と過ごす時間よりも短いこともあります。

そんな中で授乳時間はお母さんとお子さんにとってとても貴重な時間なため、お子さんの精神的な安定もためにも以前の断乳のようにこの時期になったらやめましょうとはならなくなってきました。

 

ただ、葉山こどものための歯医者さんでは卒乳の時期として1歳半までに。とお勧めしています。

それは何故かと言うと、虫歯のリスクが高まるからです。

母乳には乳糖という糖が含まれます。

ミルクなどに含まれるオリゴ糖などよりも実は虫歯のリスクは高いのです。

1歳半から3歳くらいまでのお子様の虫歯のリスクは他の年齢よりも高くなります。

その時期の授乳はないほうが良いとのことでお勧めしています。

 

乳歯を守って永久歯で強い歯になるように一緒にお子さんの成長を見守りたいと思いますので、何かあればご相談くださいねき

 

 


コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック