ブログランキング

逗子メディスタイルクリニックFacebookページ

夏の日差しに疲れた肌に私はこれ!Part1

毎日暑いですね。

こんにちは、りえです。

 

ブログの更新がご無沙汰になってしまいました。

 

みなさん残暑を如何お過ごしでしょうか?

 

最近患者さんはうっすら日焼けしていらっしゃいます。

一生懸命日焼け止めを塗り、帽子をかぶってるんです!と言っても、なんとな〜くワントーン暗くなる肌色

 

そりゃそ〜ですよ、夏ですから!

 

この辺の方に「日焼けしちゃダメです!」なんて言ってもムダムダ。

海辺の美容皮膚科医としては、日焼けといかにうまく付き合うかを考えています。

 

と、言うのも、本来日焼けする(皮膚が黒くなる)というのは紫外線から生体を守る防御反応。

黒くなったらいけない訳ではないんです。

ただ、防御反応のシステムがスイッチON!になるほどの紫外線を浴びたということは確かですから、

肌が鳴らしてくれた警鐘を受け止め皮膚に入り込んだ紫外線の害を最小限に抑える必要があります。

そうでないと、後々

 

シミ!

 

しわ!!

 

たるみ!!!

 

などの原因となってしまいますから。

 

ということで、最近よく流行っているのが飲む日焼け止め。

太陽を浴びて黒くならないわけではないですが、紫外線によって生じる活性酸素を効率よく除去してくれるというもの。

 

たくさん種類が出ていますが、当院で扱っているのはローズマリーを主成分としたもの。

皮膚が赤くなるいわゆるサンバーンが出にくいということを指標に研究されていて、他の飲む日焼け止めサプリと比べても問題なし。

しかもカプセルの大きさが飲みやすくて値段も比較的手ごろ、ということで選びました。

夏の始めから今も一日1~2錠飲んでいます。

 

それから、日焼け後であればやっぱり高濃度ビタミンC点滴は欠かせません。

ビタミンCは優秀な還元剤ですから、体の中の酸化物質を消去してくれます。

 

あと、まだこれは当院で扱っていないのですが、学会で見つけて期待しているのが体内の抗酸化酵素を『誘導』するサプリ。

抗酸化サプリとしてなかなか良いデータが出ていますし、自分とスタッフで試して良さそうであればお目見えします。

 

と言ったところで、抗酸化関連の一部をご紹介。

次回は具体的にくすんだ肌をどうするか、なんかを書こうかと思います。

 

 


コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック