ブログランキング

逗子メディスタイルクリニックFacebookページ

窓からチャドクガ観察

こんにちは、りえです。

 

暑い日が続いていますね。

梅雨は明けたのでしょうか?

 

昨日今日と逗子はお祭り!

海へ遊びに行く方と、お祭りに来た方と、両方を楽しむ方とでごったがえしています。
と来たら、お祭りの様子の写真を載せると思いきや、
今日は我が家の窓から見たチャドクガ!
毛虫のときはもちろん、ガの鱗粉でもかぶれるし、死骸になってからでもかぶれる皮膚科医にはおなじみの虫。
うわ〜、もう見れば見るほど見てるだけで痒くなる〜。
結構広範囲に赤いぶちぶちができて、ものすごく痛がゆくなるので、
庭仕事をしたとか、椿の木のそばを通ったとかの後にそんな風になったら、こいつを疑います。
とはいえ、虫に刺されたところを見せて、「なんの虫ですか?」と聞かれることがよくありますが、
チャドクガのように典型的な皮疹が出るならともかく、種類までは・・・
ですが、小さい時に”女ファーブル”の異名を取った?私としては、それじゃ悔しい。
こういう教科書で、なんとか答え合わせをしています。
葉山院では夏になると、虫刺されとともに、親切に虫もセロハンテープにくっつけて連れて来てくださる患者様もいらっしゃるとかで、びっくり。
だいたいは、お話しの内容と皮疹で、虫の種類はわからなくても、治療方法はわかりますので、犯人の連行は結構ですゆう★(虫が苦手な中園先生より)
我が家の窓から見えるのはチャドクガだけではありません。
今年はパッションフルーツがだいぶ大きくなってきました。
まだ緑ですが、楽しみ〜
早く大きくなあれ。

 


コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック