ブログランキング

逗子メディスタイルクリニックFacebookページ

食育

みなさんこんにちはkyu

葉山こどものための歯医者さん保育士ののっちですき

歯医者さんで食育のアドバイスもさせてもらっているのですが、

保育士で10年以上働いてきた私が歯医者に勤めてから歯の知識を得て

そうなんだ!!と思ったことを、ちょこっとずつブログでシェアしていこうと思いますき

今回は院長、理事長が前々からセミナーなどでお知らせしている。

 

乳歯は何で虫歯になったら治療が必要か。

 

乳歯って大きくなると生え変わりますよね??

 

と言われる方が多いのも事実。

泣くと連れていくのも億劫になっちゃって…

 

という気持ちもわかります。

 

何で必要か。

 

それはいろいろ成長に関わってきます。

 

まずは歯が痛む、噛みにくい、噛めない現象が起きると、食べるときどうなるか想像してください。

食べるのが嫌になるのですアセアセ

大人は1日くらい食べなくても何とかなりますが、成長期の子どもには厳しいですよね。

奥歯が虫歯になると、繊維質のものが噛めなくなります。

噛めない。食べない。好き嫌いで食べないと思われ、両親に叱られる。もっと食べたくなくなる。

野菜が嫌いになる。なんてこともしばしばみられます。

歯医者で虫歯を治したら、痩せていた子が食べられるようになって体重がかなり増加した子もいました。

 

 

2点目は永久歯の生え方にも影響してきます。

人間の体はよくできているようで、乳歯が虫歯だと永久歯は虫歯になるわけにはいかないので

虫歯をよけて出てこようとします。すると歯並びが、元々、生えてきたい位置に生えてこなくなって、

結果、噛みにくくなって、食べられないという悪循環が生まれます。

 

お子さんの成長のためにもお口の管理をしっかりしていきましょうね指

 

 


コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック