ブログランキング

逗子メディスタイルクリニックFacebookページ

貧血になっちゃいました

 妊娠性の貧血を指摘されてしまいました。

もともと、油断すると鉄不足になりがちで、
若いときから献血のできないぎりぎりの値だったのですが、
お肌の美しさには鉄が大事!ということで
このところ気をつけてヘム鉄を取っていたおかげか、
何もなければ十分な値がでていました。


でも、やっぱり妊娠は鉄の消費が激しい!
循環血漿量も増えているのもあって、
最後の血液検査でひっかかりました。

最近頭の上げ下げで星が飛ぶので、
貧血あるなあ、と感じていましたがやっぱり・・・

妊娠中、サプリをとったほうがいいのはわかっているのですが、
つわり以来なんだか手が出なくて・・・

とはいえ出産でどれだけ出血があるかわかりませんから、
備えあれば憂いなし、またまじめに飲みます。

サプリ外来では鉄欠乏性貧血の状態まで行っている場合は、
通常量を大幅に越えて飲んでもらうこともあります。

私も、今回の値からしてかなり多めに投与することにしました。



鉄のサプリを選ぶのは実は結構難しい。

”ヘム鉄”

として市販されているものはほとんどが”非ヘム鉄”つまりいわゆる植物性の鉄

植物性って聞くと、なんか体に良さそう、と感じちゃう場合は、
かなり洗脳されていますね。

人間は動物ですから、必ずしも植物性=体に良い
ではありません。

ヘム鉄はたんぱく質と結びついた鉄で、動物由来。
非ヘム鉄に比べ、吸収がよく、鉄のサプリや処方で出る鉄剤に比べ、
便秘やムカムカなどの副作用が少ない。

ヘム鉄分解酵素というのが、必要な分だけ吸収するように調節してくれますから、
過剰症になる心配もない。

こりゃ安心。

ということで、ちゃんと”ヘム鉄”メインのサプリを選ばなきゃいけません。

でも、植物性にくらべ材料が高いせいか、本当に”ヘム鉄”メインのサプリ自体のお値段もその辺の”非ヘム鉄”メインで売っているサプリよりお高くなっちゃうのが玉に瑕。

ビタミンCも一緒に摂って出産までにはなんとか正常値までに戻したいところです・・・

今日は37週の検診。
かなり下がってきている自覚はあるのですが、
いったいいつ、どの瞬間に陣痛がはじまるか、こればっかりは神のみぞ知るですね。
早くベイビーに会いたいです。


コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック