ブログランキング

逗子メディスタイルクリニックFacebookページ

七夕の結婚式 カササギ模様のストールで

 昨日は当院で働いていてくれていた衛生士さんの結婚式でした。

七夕に結婚式なんて、ロマンティック!
しかも、昨日は早々と梅雨明けしてくれたおかげで
ピカピカの晴天に恵まれました。
(例年七夕は天気悪いのに、珍しい!!そして暑かった・・・)

それにしても、今回のお二人はさわやか美男美女カップル。
まさに織姫と彦星が舞い降りてきたよう。
二人ともスタイルがよくて、背が高くて見ているこちらがうっとり。



お二人とも小学校4年生からのクラスメイト。
初めてお目にかかった新郎は、なんと20年越しの恋を幾度目かのアタックでようやく実らせたそうです。(誠実!)
あのイケメンを待たせ続けたMさんもすごい!
一緒に出席した衛生士のWさん(彼氏募集中)はとっても感心してましたよ。


(淳二先生は今回ディレクターズスーツ初お目見え)

それにしても私は、なにせお腹が大きいので着る服に悩みましたよ〜
しかも、淳二先生が主賓の挨拶を仰せつかったので私もあまりはっちゃけた格好もできませんしね。

七夕婚ということで、どうしても付けたかったのがカササギ柄のストール。

七夕の晩に織姫と彦星が天の川を渡るときに橋をかけるのがカササギだと言われています。

百人一首にも
カササギの渡せる橋に置く霜の 白きを見れば夜ぞ更けにける

なんて歌があるんですよね。

これがストール。



会場が洋食発祥の地として有名な 横浜のニューグランドホテル
情緒溢れる建物ですから今回ヘアスタイルは大正浪漫風にレトロに。





淳二先生には「昭和の奥様風だ」と言われてしまいました。

ホテル発祥のシュリンプドリアを満喫し、ドリアの熱々と二人の熱々に満たされて
熱い日差しの中帰路についた私たちでした。








コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック