ブログランキング

逗子メディスタイルクリニックFacebookページ

美容目的のお薬に保険適応!?

 ときどき、

『前の病院でシミのためにビタミン剤を保険で出してもらっていたので、引き続き処方してほしい。』

というお問い合わせをいただきます。

主にご希望のお薬はトラネキサム酸やビタミンC・B・Eなどですが、
シミの一種である”炎症後の色素沈着”などの病名でかろうじて保険適応のものはありますが、
ほとんどは

”シミ”



”美肌目的”

で保険は適応になりません!!

たしかに、トラネキサム酸やビタミン剤は良いお薬で、私もよく処方しますが、
当院では、美容目的では自費での処方になります。


病気としての症状があって、病名が適応となるものはもちろん保険処方ですが、
医療費削減が叫ばれている今日、美容目的のものを保険で欲しい!とおっしゃるのは正直どうなんでしょう・・・?

もちろん医療側の責任も大きく、
本来症状としては適していない病名を適当に引っ張ってきて処方しているということが考えられます。

前の病院では保険でもらってたから!
とおっしゃられても私の感覚ではグレーに近い不正請求と思えてしまうので、当院の方針としては出せません。


医療費も電力と同じく、みんなで使ってしまうとなくなってしまうものなんです。

本当に医療費が必要な病気の人たちが安心して医療を受けられるように、と今日の制度があるのですから、
みんなで協力し合って利用しなければいけませんよね。

医療側も自分の患者さんの自己負担を抑えることで、他の大勢の負担を増しているようでは
まるで、

電力不足の時間帯に、お客さんの快適と消費欲向上のために自分のお店の照明を煌々と点けて、クーラーをガンガンかけているようなもの。

自費診療が金もうけ主義、保険診療が人道的というのはあんまりにも短絡的すぎます。


美しくなりたい!と思われる方が他者を押しのけてまで、というのでは本当に美しいといえるのでしょうか・・・?

ささいなことではありますが、現行の保険制度では認められるもの、認められないものがある、ということをぜひご理解ください。







コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック