ブログランキング

逗子メディスタイルクリニックFacebookページ

耳鼻科医から見たインプラント

こんにちは。
じゅんじです。 

今回は、耳鼻科医が経験するインプラント治療のトラブルについてです。

上の奥歯にインプラントをしようと思ったときに骨の厚みが足り無いことがよくあります。

そういうときは、下図のCT画像のようにインプラント埋入と同時に骨を移植します。


現在の技術では、このように約1mmの厚さしかなくても、インプラントの植立が可能ですが、
問題は、この「足りない骨」を何で補うかなのです。

自家骨(自分の骨)?人工骨(骨補填材)?

実は、ここで自家骨を選ぶかどうかの選択が大事になってきます。

人工骨は感染に弱く脆いため、上顎洞内で、慢性の炎症を起こし、
鼻の痛みの引き金になったりします。


ですから、出来るだけ自家骨(自分の骨)を移植することが最善の策なのです。
同級生の耳鼻科医は、未熟なインプラントによる炎症が激増していることに、警笛を鳴らしています。
人工骨を使うのは簡単ですが、骨の移植は難易度が高い手術方法です。ですから、安易な人工骨が多く使われるのでしょう。

インプラント治療を簡単に考えすぎているから、問題が起きるのです。患者さんに責任はないと思いますが、身を守る手段として、最低限の知識を得ておいた方が良いと思います。


インプラント治療は、決して簡単ではありません。
インプラント手術前に、鼻に炎症があるかどうか、自家骨移植は可能かどうか・・・考えることは山ほどあります。

担当医から、よく説明を聞いてから、適切な方法で手術を行う方が良いでしょう。

インプラントの詳しい情報サイトをオープンさせました。
詳しくはこちら




コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック