ブログランキング

逗子メディスタイルクリニックFacebookページ

歯周病除菌療法が効果バツグンの理由

 こんにちは。
じゅんじです。

当院で開院以来、ずっと行っている歯周病治療のお話です。

日本人は、8割が歯周病という統計があるくらい、歯周病に悩まされている民族です。

歯周病は、歯周病菌が原因だということに、疑いを持つ人はいないでしょう。


ピロリ菌が原因の胃潰瘍は、ピロリ菌の除菌療法をします。
ということは、、、歯周病菌の除菌療法をすれば良いのですね。

この抗生物質を使用した治療成績の論文は、2010年度にたくさん出ています。
スペイン、日本、オーストラリア、アメリカなど多数の研究機関によると、
そのほとんどが、歯周病のためのクリーニング(SRP)だけ、またはクリーニング+薬を塗るだけよりも、遙かに効果があることを示しています。

その効果とは、
・歯周ポケットが浅くなる
・歯周病菌がいなくなる
・骨が再生される
・唾液の粘つきがなくなる
などなど、、、
様々な効果があることが世界中で実証されているから、効果バツグンなのは当然なのです


・・・残念ながら、日本で行われている従来の治療(クリーニング、塗り薬、手術)だけでは不十分なのです。

下図のようにバイオフィルムという強い膜に守られた歯周病菌は除去できません。



そこで、バイオフィルムを壊し、抗生物質を浸透させる除菌療法が必要となってくるのです。

オゾンや超音波を使用して、バイオフィルムを破壊します。




歯周病は治らないとあきらめている歯科医師や患者様も多いのが現状ですが、
このような治療法は、とても有効であることが実証されています。

歯周病は、口だけの病気ではなく、糖尿病や動脈硬化などの加齢性疾患と大きく関わっています。

歯周病の治療で、糖尿病が改善したり、動脈硬化度が下がったりする治療結果は、
世界中で発表されています。

当院では、歯周病菌の種類や量を検査し、除菌療法を行います。
新しい治療法ですが、実績がありますので、自信を持ってお勧めできます
歯周病について、お気軽にご相談ください。






コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック