ブログランキング

逗子メディスタイルクリニックFacebookページ

口元の緊張を取って、目が大きくなる!?

こんにちは、りえです。

 

当院では歯科との併診で治療しています。

美容治療は主に私の範疇ですが、やはり土台がしっかりしていてくれないと思うようにきれいになりません。

 

歯科でかみあわせの治療をした結果、目元がきれいになっている写真が準備できたので、ご紹介します!!

 

こちらは当院のナースです。

目に関しては治療していません。

 

もともとパッチリしていて、これ以上大きくなりようがない、と思っていたのですが、

歯科で矯正を行うこととなり、まず口元の筋緊張を取るためのマウスピースを始めました。

また、かみあわせの悪さからかなりくいしばりがあったので咬筋にボトックスを注射しています。

 

かみあわせ治療.jpg

 

いかがでしょう?

一目瞭然ですが左が入職して直ぐ、右が最近の写真です。

 

比較してみると左の写真は目周囲の筋肉も少し緊張している気がします。

これから矯正がしっかりすすめば法令線の左右差、口角の高さの差なども改善されると思われます。

 

続きまして、私の美容皮膚科ではシミ治療だけをしている患者様の目元の写真です。

 

かみあわせ治療前.jpg

 

咬む度に違和感があったようですが、当院歯科で治療をしていった結果、

 

かみあわせ治療後.jpg

 

お分かりになりますでしょうか?落ち窪んでいた上眼瞼がふっくらして目がはっきり力が出ています。

まるでマドンナリフトをした後のようですが、こちらも目の施術はしていません。

 

顔の筋肉の協調によるものだろうと推測されますが、

これを治したらここがこうなる、とまではまだよく分からず言えませんので説明が難しいところです。

 

とはいえ、くいしばってみると確かに目元にも力が加わるのが分かると思います。

この緊張が取れれば表情が優しくなり、目がパッチリしてくるというのは理解に難くないでしょう。

手術などでは出せない自然な改善です。

 

上っ面だけでごまかすのではなく、本当の美しさを引き出すためにはやはり土台からしっかりしていることが大事だということが分かるいい写真です。

(写真のご提供ありがとうございます。)

 

ひきつづき、歯科と協力しながら、もっと結果を出したいと思います。

 

口に自信がなくて、でもきれいになりたい、と思っていらっしゃる方、

ぜひ当院で統合的な美容治療を受けてみませんか?


ガンサポートクリニック

前回、私の病気について報告させていただきました。
今回の経験は、さらにメディスタイルの可能性が広がるきっかけになりそうです。

図らずも”ガン患者”となった私ですが、
まず、”ガンサバイバー”という言葉を今回初めて知りました。
当然ですが、ガンに罹患してからサバイバーとしての人生があるんですね。

体調を調え、基礎体力をあげるということはもちろんですが、

治療に伴うマイナートラブル、私も今回の抗がん剤で髪だけでなく、あらゆる体毛は抜ける、
むくむ、シミが増える、口内炎ができるなど、もらさず体験しました。

しかも、そういったことに対して、私の知っている知識でかなり対処できる部分があるということも体験しました。
(さすがに脱毛を防ぐことはできませんが、、)

どうしても、ガン治療のドクターはガンそのものの治療に集中するため、その周りのことには二の次三の次になってしまいます。

また、大きいのは見た目の問題。
ガンと診断されてすぐは「命さえあれば・・・」と思う人がほとんどだと思いますが、
治療がすすむにつれ、見た目の変化は思いのほか精神的にダメージを与えます。
これは年齢に関わらず、「なんでこんな病気になってしまったんだろう・・・」といういいしれぬ無力感を加速させるといいますか。


メディスタイルではそのサポートができる!

皮膚のトラブルについては私が、
意外と見逃されがちですが、非常に重要な口腔ケアはじゅんじ先生。

ガンと診断されたらメディスタイルクリニックに一度受診するといいよ、と言われるようになりたい。

患者さんの少しでも負担を減らし、ガンサバイバーとしての人生をよりよいものとする助けができたらと考えています。


 

レモンVがノンシュガーに!やったー!!

 うちの受付で一袋ずつバラ売りもしているレモンV。

コンスタントに売れているロングセラー商品。
ファンの患者様は大きな袋でおまとめ買いもしていかれます。

うちは、子供も大好きで
風邪のときなど出せば大喜びで飲んでいます。

が!
これまではお砂糖が入っていたので、残念ながらむし歯予防の観点からは日常的に飲ませるわけにはいかず、ちょっとジレンマ

でも、今回ノンシュガーになって他のビタミンも加わってくれたおかげで長男のサッカーのお供に持って行かせられます。ルンルン♪



熱中症予防にはただの水よりこっちのほうがずっと効果的。
熱いところで動いてボンボン発生している活性酸素も除去されるはずですしね。


ノンシュガーとはいえ、甘いです。
甘味料には天然のステビアが使われており、砂糖とは若干違う甘さですけど私には前よりおいしいくらい。
酸味が少し減ったかもしれません。
糖質制限の観点からも○

ちなみに商品名が

レモンV→ビタミックス

と変わりました。



お値段は変わらずです。

お味のお試しは1包から買えますので、いつでもどうぞ。

弘明寺さんで講演

昨日の日曜日は前日の雨嵐がうそのようにとてもよい天気でした。

統合医療塾生として、弘明寺さんで講演をさせていただきました。
逗子からは京急で20分ほどでしょうか?
京急弘明寺の 弘明寺さんです。



テーマは大きく

「美しく生きるための医学」

簡単にまとめると、
お肌の不調・口の不調など、ちょっとした変化に敏感になることで、
全身の健康を見つめなおしましょう、

ということを入り口に、実際治療した症例の紹介や、
スキンケアの肝を説明しました。

弘明寺さんにはご本尊の十一面観音菩薩と身代わり地蔵菩薩が祀られており、
病苦平癒の祈願が、盛んに行われています。

この講演会のすぐ後には弘明寺さんで毎月8のつく日に行われている

『護摩修行』

が行われました。
詳しくはこちら

200人近くの方が境内に集まります。

お経とともに
護摩が焚かれ、だんだん激しさを増す太鼓の音とともに炎が大きくなり、
最後には天井に煙が渦を巻く様は圧巻です。

昔から繰り返されて行われているのですから、やはり五感に訴える効果というのが完成されているなあ、と感動。

炎を見つめていると、それだけで癒されるとも言いますし、
お香が投げ入れられるたびに白檀やウコン、そのほかの薬草なのか、香りがふわあっと漂います。
太鼓のおなかに響く音と繰り返されるお経の旋律が心地よい。

医学が発達する前は「祈り」こそが治療であったのでしょうから、
なんちゃって”癒し”な流行のものなんかより、
ずっと確実な癒し効果があると実感。

今日はすっきりストレス解消された〜という心持ちでお仕事できています。

8のつく日に参加費無料だそうですから、
ストレス解消に『修行』されるのもおすすめかも。

さて、講演中はご本尊の前で勝手に写真撮れないな〜と思って、遠慮していたのですが、
住職のご好意により、講演後に恐れ多くもご本尊様とのスリーショットを撮らせて頂きました。




ここのお寺は横浜で最古のお寺。
ご本尊の十一面観音菩薩は神奈川県で最古だそうです。

大正4年(1915年)8月10日 国宝指定
昭和25年(1950年)8月29日 国指定重要文化財

平安時代中期の作。像高181.7cm、ハルニレの木の一木(いちぼく)造り。
関東に遺る鉈(なた)彫りの典型的な作例として有名である。
※鉈彫りとは、丸ノミの彫り痕(あと)を像表面に残した特殊な彫り口の作品のこと。

・・・とそのままコピーさせてもらいましたが、
ノミのあとがそのままに、煤がついて真っ黒な観音様。

たくさんの祈りを受け止めてきたであろうその美しいお姿に、吸い込まれるような心地がしました。

とっても気さくな住職も最後に一緒にお写真を撮ってくださいました。
統合医療塾の事務局のかたがたもご一緒に



夫婦漫才ならぬ、夫婦講演。
機会があれば、時々これからも行っていきたいと思います。


歯と肌の関係 患者様の例より

 ご無沙汰しています。りえです。

当院主催のドラゴンコンサートには沢山足をお運びいただきありがとうございました。
また、多くのご協賛をいただき、本当に感激しております。

ドラゴンコンサートの様子は、じゅんじ先生のサポートで、今回の開催のため大活躍だった片井さんにまたゆっくりとリポートしてもらうとして、
今日は、ここ最近立て続けに

「歯を治したら、肌が綺麗になりました!」

という患者様がいらっしゃったので、そのお話です。

当院はみなさまご存じのとおり

夫のじゅんじ先生が口腔

妻である私が皮膚

専門に診ています。

当然両方におかかりになる患者様も多数いらっしゃるわけで、
私たち夫婦で情報を共有しつつ治療に当たっています。

そこで感じるのは

肌を綺麗にしたら歯が治る、ことはなかなかないが
歯を治したら肌が綺麗になる

ということ。

私のところに皮膚の相談でいらした方で、
先に歯科受診をおすすめすることがあります。

顔の発疹に数日前から悩まれていたOさん。

もともと私が普段からレーザーフェイシャルなどをしていた方なのですが、
今回はこれまでに見たことのない感じの肌荒れ具合。

もちろんステロイドの軟膏でもちょっとつければ落ち着くであろうという位の炎症なのですが、
本人、歯も調子が悪いとおっしゃるので私の方では手を出さずに先に歯科受診していただきました。

ブリッジが付いている歯で、他の歯医者さんに通っていらっしゃったようなのですが、
当院でCTを撮影すると明らかに歯の根に炎症が・・・
残念ながら完全に浮いている状態でじゅんじ先生の判断で抜くことに。

抜いたあと、会計待ちの間に私と話している間にも
「あら?肩の重苦しさがなくなったわ・・・・」と。

そして数日後お目にかかるとなんと肌はつるっつる。
本来のOさんのお肌に戻っていました。


細菌感染があって、その影響で分泌されるサイトカインがいろいろ影響を及ぼすであろうということは当然想像できるのですが、
なかなか結びつけて考えにくい肌荒れ程度のトラブルや肩こりなども、きちんと病巣を治療することでウソのように解決出来てしまうことがあるということはぜひ覚えておいてほしいことです。

疲れるとちょっと歯肉が腫れやすいのよね・・・
なんておっしゃる人で肌荒れがあったり、肩こりがあったりする人はぜひ先に徹底的に歯科の治療をされることをおすすめします。

しかもその際はぜひ金属を使わない治療で!!


今日、歯科治療が終わって私に
「次は理恵先生にお肌を綺麗にしていただきますね。」
とお声をかけてくださった患者様。

この方は、歯科治療にいらっしゃっている間にみるみる若返ってきているのを私、実はこっそりチェックしていました☆

ご本人も歯が本人の全身に及ぼす影響を十分ご承知で、
初めから
「この歯が悪くなるとおなかが痛くなるから抜いちゃって!」
と来院され、
少々時間はかかりましたが、しっかりと治療が進んで終わりに近づいた今日、

「しょっちゅう不安に思っていたぎっくり腰にならなくなって、それに、ほらみて!
頸の縦じわがなくなったの。
あとは周りに言われるからシミを取ってもらいたくて。」

と、すっかり背筋は伸び、ハリのある声でおっしゃるではありませんか。



肌だけを治して歯まで治ることはありませんが、
当院では、夫婦で連携していますから、

肌が綺麗になる→次は歯を綺麗にしたくなる
→口の中が綺麗になる→肌が綺麗になる

のいい循環に乗っていくことができるわけです。

私の助手の境野さん、
奥歯に銀歯が二つ入っているのですが、彼女はピアスでかぶれる金属アレルギー持ち。
歯が綺麗になって肌も綺麗になる患者様方を見ていて、
とうとう自分も!と思いたったようです。
近いうちにじゅんじ先生にダイレクトボンディングという技術で金属を取り除くことに。
またその経過もブログにリポートしてくれるそうなのでお楽しみに☆

他にも何人も私が診ている患者様で少々悔しいのですが、

ん??私の治療以上に綺麗になっている!?

と感じる患者様は
じゅんじ先生も診ている患者様だったりするわけです。

しかも、気のせいかCTが導入され、顕微鏡が導入された最近はさらにその傾向がはっきりしてきたような。

当院に通われている患者様がだんだんと元気を取り戻し、美しくなっていくのを見るのが本当に楽しくて幸せです。

お口の細菌叢を整えて、綺麗な歯があれば、お肌は正しいスキンケアでどんどん綺麗になりますよ。




机の上のサプリ達

 夜、すごい雨でした。
干しっぱなしの洗濯物を取り込みに果敢にベランダへ飛び出して行ってくれた夫は
服を着たままシャワーを浴びてしまったかのようにパンツまでびしょぬれになってしまいました。

休診日の今日は朝から生乾きでくさ~くなってしまったバスタオル達をよりよい環境で乾かそうと四苦八苦しているうちに家を出る時間に。
やっぱり洗わなきゃダメかな。


ところで、分子栄養整合医学(オーソモレキュラー)がだいぶ日本でも浸透してきたなあ、と実感しました。
昨日の記事のセミナーは100人弱も全国から医師・歯科医師が参加。

正直、一日の講義分だけで数万円の受講料で、私は数年前から、受けたいけど高いなあ・・・自分で勉強しておこう・・・なんて悩んでいたくらいですから、
小さい会議室で少人数でやるのかな〜と思っていたもんですから、
講義時間の30分前に着いて、
「しまった、ちょっと早かった」
なんて考えながら会場に入るとすでに半分以上の数十人もの先生たちが到着していたものですからビックリ!!

おそらくすでに、臨床の場でオーソモレキュラーを利用し、治療されていらっしゃる先生方ばかりですから、コーヒーと一緒に置いてあるプロテインパウダーを勝手知ったる手つきで牛乳に混ぜてぐびぐびやってる先生たちも!!
(私も早速レモンVをぐびぐびやらせていただきましたけど。レモンV、息子たちが大好きで、サッカーに行くときにスポーツドリンクがわりに持って行ってます。)

サプリも慣れると飲むのは全然苦にはなりません。
普段のお食事もしっかりした上で、間食がわり、というのはちょっと乱暴ですが、
わたしなんて普段向かっている机にこんな風に並べておけば



よほど忙しくなければ飲み忘れることもありません。
しかも、そのときによってのむものを変えてます。

これ以外に朝はオーソプロテインという糖質の入っていない置き換えダイエットのココア味の粉をヨーグルトに混ぜて食べたり。
腸内細菌を整えるアルベックスという乳酸菌生成エキスを飲んだり。

今にして思えば、これまでに一番心も体も調子が悪かった学生時代の自分に教えてあげたい・・・


歯科と連携して治す 皮膚疾患

 

毎月取っている皮膚科雑誌の今月号の特集です。

キターーーーッ!


歯科と皮膚科
なんか関係あるの

大ありなんです


今までは専門誌の片隅に、そんなこともあるかもね〜
みたいな症例報告がポツリ、ポツリと扱われている程度でしたが、
こんなに写真も豊富に特集組んでもらえてうれしい・・・

うちはご存知の通り、私が皮膚を見て、夫が口腔を見ていますから、
連携はばっちり!

あちこち回って、原因がわからなかった湿疹が、
パッチテストで陽性がでたので、口腔内金属をすべてセラミックに変更したところ、
嘘のように治る、ということもほんとの話です。

それから、この雑誌にも紹介されていますが、
歯周病や根尖病巣が原因で掌蹠膿疱症をおこしていたり、なんてこともあって、
手あれ?主婦湿疹?なんて考えていた人が、私が適切なスキンケアを指導しながら、
夫が歯科治療をして軽快していく、なんてことは100%とはいえませんが、ざらにあるわけです。

歯科疾患もありそうだな〜と思いつつ、私の説明が下手なのか、
歯科はかかりつけがありますから、と連携を嫌がられる患者さんもいらっしゃいますが、
夫くらい皮膚疾患も見慣れている歯科医はなかなかいらっしゃらないのが現実ではないかと思います。

今月号は写真も豊富なので、患者さんへの説明にも使えそう。


この雑誌でも言われていますが、
古い治療では根管治療にホルムアルデヒドを使ったり、アマルガムという水銀を含有した材料を使ったりして、問題になっています。


当院歯科では皮膚病変などへのリスクはもちろん、全身へのリスクを考え、
メタルフリー(金属を使わない)治療を行っています。

裏方的な話ではありますが、当院で使うセラミックなどのかぶせモノを作ってもらっている技工所さんはセラミック専門で、金属を扱う部署は別の場所にあるそうです。

有害金属の混入をできるだけ避ける嬉しいシステム


おかげで、私も安心して患者さんを任せられますし、
このところ内科さんなどから歯科へのご紹介も増えています。

全身疾患があるために歯科治療を断られるケースもあるそうですが、
当院では全身疾患の改善の一助としても歯科疾患の治療を位置づけていますから、
その点でも、他の医療機関さんからもお任せいただけているのだと思います。

口腔内から金属をなくして歯もお肌もぴかぴか

意外なようで深いつながりなんです


栄養解析のセミナー

 ちょっと報告遅くなりましたが、日曜日に栄養解析のセミナーへ行ってきました。



今回の会場は浜松町

すでに何度かセミナーを受けてはいましたが、
栄養解析は人体の代謝・生理をもとにしているので、
非常に奥が深く、いくら勉強しても興味がつきません。

栄養解析を行い、症状は改善してきているのに、一回目の検査では問題なさそうに見えたデータの一部が悪くなってくることがありますが、
それは不足していた栄養素を補う事で、滞っていた代謝の歯車が回りだし、
材料となる部分の摂取が実はすくなかったのに消費が多くなりだしたことで不足を示しだす、
ということもあります。

ということは、やはり初回のデータだけでは不十分。
当院では栄養解析を行い、食事の改善、サプリメント内服を開始し、
毎月の診察で問題なければ、3ヶ月後にまた採血を行うことにしています。

この継続的な観察がとても重要です。
つまり、2回目以降の検査で、初回にマスクされていた栄養不足が露わになってくるかもしれないということです。

初回の結果から、まずは3か月
「えっ、こんなに!?」
と思う量のサプリを飲み始めてもらいますが、
食事で意識して頑張れるところは頑張ってもらい、一番優先順位の高いところから集中して飲みはじめていただくよう、予算とも相談しながらサプリの処方を組み立てていきますのでご安心を。


さて、講師の溝口先生は栄養療法で精神的な疾患も数多く改善させていらっしゃるとのこと。
今回のセミナーでは

”「うつ」は食べ物が原因だった!”

という著書をいただきました。

血糖値の変動による気分の変調などは本当に現代病です。
良くない、とわかっていても何がどう良くないのかわからないコンビニ菓子パンなんかで食事をすませていると血糖コントロールがめちゃくちゃになってくるだろうなあ、と思います。

とくにうつろな目をした若い子たちが 

よくわかんないけど痒いから薬ください

みたいな感じで診察にくると、ほんと
「ちゃんとしたものちゃんと食べてますか??」
と肩を揺さぶりたくなることも。

慢性的になったけだるさ、やる気のなさ、などは性格だけじゃなくて食べてるものが原因かもしれません。

そんなことが比較的簡単に良く分かるいい本です⇓



さっそく当院の待合に置かせてもらいました。
私がいいな、と思った本を並べてミニ図書コーナーも作ろうかと小さい本棚をおいちゃいました。
(ますますクリニックがせまくなる〜


栄養解析とサプリメント

 こんにちわ。

私も結構イラストが上手・・・なむっちです


本日はサプリメントについてのお話を


先日、今当院で人気急上昇栄養解析をしてもらいました。

保険の検査よりも細かく結果を出してもらえます。


元々レディースDayの量が異常〜〜に多い私なのですが、

通常の血液検査の結果では貧血と引っかかることもなく、立ちくらみ等の症状ももご縁がなく、私は健康そのものだと思っておりました。


しかーーーーし!!

わたくし、極度の末端冷え性、慢性の便秘・・・

これって、実は鉄分が足りてないせいだって、ご存知でしたか・・・?



女性は元々月経で鉄を失うため、鉄が不足しやすいのですが、

私はフェリチンという貯蔵鉄が極端に少なく、

せめて50ng/mlは必要なのに対し、私の結果は・・・なんと!


6.8ng/ml・・・

えーーーーーー!まずいですねこれは!

重度欠乏状態との結果に・・・。

理想は100ng/mlらしいのですが・・・10倍以上足りてません!

ちなみにりえ先生は98ng/ml

さすがでございます!!!!



・・・という事で当院で取り扱っている優秀なサプリ ヘム鉄

を、私も飲んでいくことにしました。

冷え性よくなーれ

何よりも便秘ちゃんな〜〜〜〜お〜〜〜〜れ!!!!!!

という希望を胸に。

通常量は1日1カプセルですが、私の場合極端に不足しているため、
初めの3か月間は1日9粒飲まなければいけないと・・・・・!!!笑

すごい量ですね

本来はお食事で摂るのがベストなのでしょうが
鉄分(特に吸収されやすい動物性のヘム鉄)は食事だけでは補いきれないのが現状・・・

という事でサプリ頑張って飲み始めました
経過はまたご報告します


他の患者様からも、ヘム鉄を摂るようになってから

「肩こりがなくなったのよ〜絶対にこの肩こりは違うところから来ていると思ってたのに!」

「口周りのニキビがのみはじめてからなくなりました♪」

等のお声を頂き、みなさまに満足していただける結果がでているようです



ちなみに、ヘム鉄の他にビタミンBも摂り始めました。

代謝が良くなるとのことなので、どんどん脂肪燃えろとねがっています


原因がわからず、なんとなぁ〜く不調な部分がある方、

もしかして栄養不足からきているかもしれませんよ


栄養解析検査 (初回15000円 2回目以降 10000円〜)


是非1度検査して頂いて、原因を探るといいかもしれません。



鉄不足から現れる諸症状は他にもたくさん!!

ちなみに

ヘム鉄 4725円(税込)

となっております。

ちょっとお高いかな・・・?と思われるかもしれませんが
市販のものは植物性の非ヘム鉄の成分がほとんどで、吸収率が悪く、胃がムカついたりと副作用が現れるものばかりです。

吸収率が良く効率的に鉄分を摂っていただけるヘム鉄お勧めですよ〜

他にも色々なサプリご用意しております♪

ご相談だけでも是非いらしてみてください











花粉症アロマ

 前回、皮膚の花粉症について書きましたが、
花粉症のお肌をスッキリさせる

花粉症アロマクリーム

を受付で1個420円で販売しています。

目が痒くてかいた後の目の周りの荒れや
鼻をかみすぎてヒリヒリしているところに塗るとすっと落ち着きます。

もちろん炎症が強すぎる場合には保険でお薬を処方しておりますが、
そこまでではないけど、化粧品じゃ刺激があったりなんの足しにもならない、というときに向きます。

抗炎症・抗アレルギー効果のある成分が含まれたケモタイプ精油を数種類配合し、
保湿に効果があって、さらに精油の浸透を促す基材で混ぜてあります。

基材の一部にラノリンという羊毛から採取された脂が入っているため、
ところどころ黄色い粒がみえることがありますが、品質には問題ありません。

スタッフたちはみんな何かしら花粉症でムズムズしているようです。
そんな彼女たちはこのクリームをご愛用。

特にKさんは目の周りのかゆみには目薬さすより効く〜
と言ってるくらいです。
(休みの間にクリニックに置いていってしまって大変だったらしく、出勤するなり塗ってました。)



クリニックにお寄りの際はちょっとお試ししてみてください。

| 1/2PAGES | >>