ブログランキング

逗子メディスタイルクリニックFacebookページ

おいしいお茶

こんにちは、りえです。

GW、みなさまいかがお過ごしでしたでしょうか?

我が家は連休初日の日曜日はじゅんじ先生が休日診療だったので、翌日の4日から家族5人で伊豆高原へ行って来ました。

久々の温泉!

二泊三日だったのですが、温泉と堤防釣りに明け暮れました。

なんと3時間も夫に三男を任せて、上のお兄ちゃんたちとじっくり釣りができて充実!

えさをつけて、投げて、浮きの動きを見つめているのが大好き!
大物なんて狙いません。狙えません。
スズメダイが爆釣
一応小さなメジナも・・・一匹。



キャッチアンドリリースしてお魚さんたちに遊んでもらいました。

三男が大きくなったら、大物も狙うぞ!

さて、新しい名産品なのでしょうか?
伊豆高原のあちこちに
「ぐり茶」
ののぼりが立っていました。

工場直営の新しいお茶のお店があったので、そこでスタッフへのお土産を購入。
みんなで飲もうと何種類か買ったのですが、
国産プーアールがおいしかった!


調べたら楽天でも買えるようです。(画像をクリックすると楽天のお店に飛びます。)
他のお茶もおいしいのでは、と思いますが、まだ飲んでいないので、
まずは(?)感動したプーアール茶、おすすめしちゃいます。







 

1階でパン屋のブレドールさんOPENです。

 今日、1階でブレドールさんがオープンしました。

開店の朝10時からすごい人出だったらしく、
お昼ごろいらした患者様は
「もう食パンしか買えなかったわ・・・
とのこと。

その後補充されたらしい情報を入手し、
予約の合間に私も出動!

カフェはまだやっていないのか、とにかく中でのパンの販売のみ。
カフェコーナーに行列してなんとかパンをゲット!!

子供たちが好きそうな大きなチェリーが乗ったパンを狙っていたのに、
敢え無く私の前の人が最後の一個を・・・

とはいえ、他のおいしそうなパンを何とか買うことができました。

普段炭水化物をできるだけ控えている私ですが、
1階においしいパン屋さんができるとはっ

痩身外来にいらしている患者さんにも低炭水化物を指導しているのですが、
帰り際に横目に見ながらお帰りになるのはさぞお辛かろう・・・

でも、美味しくて上等なパンはそんなに何個も食べるもんでもないですよね。
特別ご褒美に時々幸せな気分に浸りながら、ゆっくり食べたいと思います。

帰り際にエコバッグいただいちゃいました
小さくってかわいい!





収穫祭!

 このところ美味しいものに恵まれています!

夏野菜もおいしい時期に入り、イタリアンレストランのムッシュからも野菜の頂き物をどっさり。

めずらしい黒いトマトや食べられるホウズキ、綺麗な花が咲くよと言われたアーティチョーク。



写真以外はおいしく頂いちゃいました☆

じゅんじ先生の実家からも家庭菜園(と言うにはかなり本格的な)で取れた野菜がたっぷり。

特に沢山入っていたのが見事なニンニク!



次男坊のにんにくこぶとりじいさん。

あまりに大量なので、半分くらいを保存がきくニンニクオイルにしてみました。

男性陣による皮剥き・・・



さっと湯通しして、水気を切ったらオリーブオイルにつけるだけ。



2日後にさっそく使ってみましたが、いい香りでバッチリ
サラダにかけたり、いため油に使ったり。
使い勝手もグー!


ところで、野菜が豊富なのは嬉しいですが、
野菜室でいたんでいく野菜が・・・

ということで今回ヒットだったのは、

しなびたレタスのお味噌汁!

買ってすぐのレタスは生が一番ですが、そこを通り過ぎてからの消費が・・・

チャーハンに入れたいけど、私は炭水化物控えてるし、
お浸しもおいしいけど、毎日は・・・

それで作ったレタスの味噌汁が、これまた不思議なほどおいしい。
しゃきしゃきが残るくらいで火を止めたぐらいで充分なので、作る時間もほんとにちょっと。

ぜひ一度お試しください。


北京ダックおいしい〜

 最高の北京ダックを食べました。
北京ダックの季節ですよ、とお声をかけていただき、
場所は有名な鎌倉の隠れ家レストラン

凛林

北京ダックってあんなに高級でちょっとしか食べれなくて、みそは甘ったるいし・・・
と思っていましたが、
いままで何回もないですが、パーティーのバイキングでうやうやしく出されるなんちゃって北京ダックしか食べたことがなかったんだ!ということが分かっちゃいました。

凛林の北京ダックはお・い・し・い。
みそも甘くなく、私好み❤

しかも林さんみずから切り分けてくれるダックは私たち家族と私たち夫婦の同級生でいろいろ協力してくれる勉強大好きな牛田先生のためだけに

丸まる 一羽



目の前でさばいてくれるのですが、
おおまかに皮を剥いだあと丁寧にその皮から脂肪を取り除いていくところは

かつて病院勤務時代にやっていた

全層植皮のOPE

を彷彿とさせました。

丸々一羽ですからたっぷり。
なんとトリプルでトッピングしてみちゃったり



初めて

あ、北京ダックっておいしいんだ!

と感動しちゃいました。

このこってり感、とか白髪ネギがどう生きるのか、ダックを入れすぎると少々脂っこいのね、
など贅沢な感覚!
(庶民的すぎる?)

凛林の北京ダックは自家製で、飴をかけながら4日間自然の冬の乾燥した風で乾かすそうです。
なので、皮以外の部分ははダメになっているのでお肉は食べられないのだそうです。

もったいないし、なんという贅沢さ。

でもその分皮のおいしさときたら、アナタ!

うちのわんぱく坊主らは林さん手ずから巻き巻きしてくれた北京ダックをほうばり、
すっかりご満悦。
もちろん、

「アヒルを食べる」

ということに大興奮。

今度はトカゲを食べたいそうです・・・
(林さんいわく、台湾料理にあるそうです。)

よい料理を食べた後はおなかももたれず、ただただ満足・・・
ごちそうさまでした。








黄身が白い卵!

 今朝の卵、割ってびっくり!!



初めて見ました。

これまで双子の卵とかは見たことありましたが、ここまで黄身が白いのはお初。

昨日の鍋の残りでおじやを作ろうとしたのですが、
卵でとじたつもりが、
白身だけ・・・みたいな色に。


ネットで簡単に調べてみると、お米だけを食べていたりする鶏からは白い黄身の卵が生まれるらしいですね。
むしろ、あんまり黄色い黄身の時は着色料を餌に入れられていたりすることもあるみたいです。

味は変わりなかったです。
中身が白いとわかっていれば、お料理するものによって使い分けたりできそうですね。


七草がゆ食べましたか?

 昨日は1月7日

”七草がゆ”の日でしたね。

食べましたか?

最近はスーパーで七草がゆセットがどこでも売られていて、
とっても簡単。

うちは当日買い物に行けないといけないので『らでぃっしゅぼーや』で宅配してもらいました。



しかも毎年おなじくらでぃっしゅぼーやのレトルトの”玄米あずきがゆ”で作っているので相変わらずの

超時短レシピ

レトルトかゆを鍋にあけて、ちょっと水を足してぐつぐつしてきたら刻んだ七草がゆセットを投入!

味付けは顆粒の鶏ガラスープの素で。



ちょっと塩気をきかせると子供たちも喜んで食べるんですよね。


そして健康的に早めに寝た今朝・・・

なぜか起きられない!

家族全員眠くて眠くて〜
もしかして自然治癒力にスイッチ入っちゃった!?
(ただ寒いだけ?)

とにかく快眠快便

さっぱりとした気持ちでまたお仕事です



和スイーツ

 お料理ネタで続いちゃいますが・・・

というか、昨日作ったレモンジャムは・・・失敗。
やっぱりもっと茹でこぼしたりして苦みをとらないといけませんでした。
できたものは紅茶にでも入れます。
(パンに塗って食べるには苦いしとろみがない・・・)

でも、掃除に使えたのでよしとしましょう!

読んでいる方々が苦酸っぱい気持ちになったところで、
おいしい”和スイーツ”の作り方をご紹介。

といっても例のごとくわらわらのおじさんに教えてもらったんですけど。

氷水と
ちょっと深めのフライパンに沸騰寸前、くらいのお湯を沸かしておきます。

それに沈められるくらいのバットを用意して、

本くず粉:水=1:3

を混ぜたものを薄く流し込み、
フライパンのお湯の上に浮かべます。
すうっと半透明になってバットの底が見えてきたらバットごと
お湯にスイっと沈めます。

半透明まで加熱するともうある程度固まっているので溶け出したりしないんです。
(ココが見どころ)

そこでさらに粒粒感がなくなるまで加熱したところで水道のお水にジャ〜!っとかけちゃいます。
(手で受けながら優しめに)
ある程度覚めたらバットからぷるりんっとはずして
用意しておいた氷水にじゃぼん!

ちょっと洗って好きな大きさに切り分け、黒蜜をかけると・・・

葛きりのできあがり!

いつもちょっと物足りない、もっと食べたい。。。
と思っていた葛きりが食べたいだけ食べれるとは!!

糖質制限中なんですけどね。
お客さんの来るときに作ってみせると、受けること間違いなし。
黒蜜の作り方も教わったんですけど、
これはまだ試していないので、また今度。

唐あげの実験

 昨日は、実に1年ぶり?くらいに大学のときの仲間たちと定期的にやっていた
『お料理クラブ』
を復活。

”揚げ物”

をテーマに主に唐揚げをいろいろ実験してみました。

前のブログによく登場していた
”わらわらのおじさん”
と呼ばれる独身貴族(彼女ができてからめっきり付き合いが悪くなりました)
のおうちで、
この1年のうちになぜかやたらと料理の腕が上がっている様子なので、
ご教授願いました。

今回生徒は私を含めて3名

わらわらのおじさんの作品を筆頭に4種類作ってみました。
主に比べたのは衣。

(匏粉・小麦粉にコーンスターチを少し加えたもの
↓,望麦粉を多めにいれたもの
J匏粉のみ

,詫颪鰺蹐瓩討ら衣をつけたのと卵抜き
△詫颪鬚らめて
は卵なし

揚げ方はどちらかというと中〜低温で上げ始め、最後に温度をあげて油を切る!

で結果、
どれもおいしい〜

でも、やっぱり少しずつ違います。

卵を絡めて、小麦粉多めのは同じお肉のはずなのに

大きくなってる!!成長した!?

というくらいボリュームアップ!

でも「ころも厚っ!」ってこともなくおいしい。

片栗粉のみのは
ころもがガリガリっとしてクリスピー

でもたぶん片栗粉のみだと時間がたつとシナっとするんでしょうね。

3種混合はお肉のジュースをうまく閉じ込めていてふっくらジューシー。

おこのみで家庭の味が出るんでしょうね。

いずれも揚げたて熱々のまま、あっという間になくなってしまいました。


家では揚げ物をほとんどしないのですが、
最近の息子たちの食いっぷりをみていると・・・

唐揚げ登場率も上がりそうです。

味噌完成!

 今年の味噌ができました☆

今回は一度も天地返しせず、
この猛暑の中、納戸の中でかなり熟成している(らしい)香りが・・

でも、やっぱり開けるまではドキドキ

いよいよ味噌おーぷん!!



じゃあん。。。

カビは・・・なんとか生えていない感じ

たまり醤油を取り除き、
ひっくり返してみると・・・



おお〜、中まで均一ないい色のお味噌が!

取りだしたての味噌をちょいとぺロり。

うみゃーい!!

空気に触れるとまた香りも味も変わってきますから、さらにマイルドにおいしくなるはず。
ワクワク

味噌作る日は大変だけど、これがあるからまた作りたくなっちゃうんですよね



りんごのジャム

 いい天気ですね。

洗濯日和のお掃除日和。

そうだ、お布団も干さなきゃ!と思いつつ、
お茶を飲みながらブログ更新。

今日は朝から洗濯機を回しながら、
リンゴのジャム作り。

この季節になると毎年暇をみながら紅玉のジャムを作るのが習慣になってきました。

らでぃっしゅぼーやのカタログに美味しそうな紅玉が載るころ、
同じカタログになんとか碧丸という青いレモンも掲載されます。

これらが出てくると、

ジャムの季節!

とはいえ、宅配のタイミングと”作るぞ”のタイミングが合わないと、
しなびていくリンゴを横目に眺めることとなります。

今年は何とか2回目のジャム作り!

あんまり大量に作ると撃沈するので、せいぜい紅玉5個分くらいをちまちま家事の片手間に作るのが私流。

作り方は簡単。

紅玉の皮をむいて6等分くらいしたら、厚めにスライス

リンゴの重量の3〜4割くらいの砂糖をまぶします。

この砂糖を何にするかで味や色が変わってきます。

人に差し上げようと思うときはグラニュー糖などの精製糖で色を美しく。
自宅消費用には粗糖や黒糖、はちみつなどでこっくりとした味に。


今日は自宅用なので粗糖で作りました。
(ついでに(今年の)お正月用に栗きんとんを作ろうとして買ってあった水あめも加えてみました)

砂糖をまぶして一時間。

水が出てきたところでずっと弱火にかけます。
家事をやりながらなのでうっかり忘れてしまわないように30分ごとにタイマーをかけ、
鳴るたびにお玉でひっくり返します。



途中、なんとか碧丸のレモン汁を追加。

混ぜるときになべ底が見えるくらいまで水気がなくなったらできあがり。

ちょいちょい作る利点のもう一つは、
すぐなくなるのであんまりビンの消毒が厳密じゃなくていいところ。
1年とかもたせるつもりはないので、洗って自然乾燥しただけのビンに入れちゃいます。

それから、開けると傷み始めるので
できるだけ小さい瓶で小分けにしとくのもポイント。



作りたての温かいジャムと冷たいヨーグルトで食べるのが至福・・・

手前みそですが、
自家製のジャムってほんと美味しいですよね。

って、手前みそといえば、冬に仕込んだみそもそろそろ熟成したころかも・・・

| 1/2PAGES | >>