ブログランキング

逗子メディスタイルクリニックFacebookページ

つらいのは病そのものではなく、病を受け入れられない自分

こんにちは、りえです。

 

小林麻央さんの訃報に接し、いろいろな気持ちが千々乱れていましたが、ようやくブログを書こうかな、という気になってきました。

 

お子さんの成長を見届けられなかったことは、残念だと思うのですが、

彼女は彼女なりに充実した人生を送ったのではないでしょうか。

まったく話したこともない麻央さんに対し、そう思えるのは、そう思わせるように彼女が発信していたから。
そして、自分の言葉で発信していたということは、自分の病をしっかりと受け入れていたんだな、と思うからです。
受け入れて、客観視していなければあんなふうに発信できませんものね。
当院には色々な事情を抱えた方がいらっしゃいます。
目的がはっきりしている方はいいのですが、そうでない人もたくさんいます。
私の診察室で自分のことを話しながら、あるいはご家族のことを話しながらポロポロ涙を流す方ももちろんいらっしゃいます。
なぜ、私が?
どうしてこんなことに?
私も自分のガンが分かったとき、グルグルとそのループに入り込んでいました。
あるときふと、一番つらいのは思い悩んでいる自分なのではないか、と思い至り、そのループに入り込んだと感じたときには強制的に思考を止めるようにしました。
すると、置かれている状況が客観的に見え、自分の状況が受け入れやすくなってきました。
抗がん剤の辛さや術創の痛みや不快感、その中で、今の医学で解決できるところを一つずつ解決していくうちに病を受け入れられなかった自分を納得させられるようになってきた気がします。
本当に辛いのは自分がその病になってしまったことを自分が受け入れられないであがいていることかもしれません。
通院しているうちに、状況が初診時と大して変わっていなくても患者さんの表情が明るくなってくるのは、
結局自分がそれを受け入れたかどうかなんだなあ、と感じます。
こんなにも痛くて苦しいだろうに、どうして明るくいられるんだろう、という方もいます。
今はガンと診断されたときから緩和ケアは始まります。
あなたが今辛いのは本当に病気のせいですか?
あそこが痛い、ここが苦しい、それは医学で解決できませんか?
それが解決されてただ病であるという状況になってもやっぱり辛いですか?
だとしたら恐怖に囚われて、自分の中に生まれた鬼っ子に目をつむって歩こうとしているからあちこちぶつかっているからです。
鬼っ子はいずれ自分をくらいつくすかもしれない。でもどうせ生きていればどこか他から急に飛び出してくる鬼もあるかもしれない。生きていればいつか死にます。自分だけではなく、みなさん結局は必ず受け入れるのですから死を無駄に恐れることはありません。
怖いけれどそうっと目を開け、鬼っ子の手を引いて歩きましょう。
ときどき噛み付いたりして不愉快だけれど、自分が産んだ子です。しかも簡単に離れることはできない。
であれば、仕方ない私の人生に同伴させるしかない。
そうすれば周りが見えて、本当の暗闇からは抜け出せます。
ちゃんと目を開けて、自分の人生を歩きましょう。
別にそんなことができるのは精神が強い人間だからではありません。
仕方ないからでもいいじゃないですか。
病なんて鬼っ子連れて歩くのは本意じゃありませんが、しょうがない。
結構得られるものもあったりします。
といってもまだ私は鬼っ子に感謝できるほど人間できていませんが。
少なくとも、病気になって一番辛いのは
病そのものではなく、病を受け入れられない自分がいることなのです。

チャドクガに刺されると

こんにちは、りえです。

 

先日窓から観察したチャドクガの写真を載せました。

刺されると痒いよ〜、と言っていたその後、夫が刺されましたー!

 

日曜に友人達をよんで庭で遊んでいた後みんなが帰ったら、

「なんか痒んだけど〜」と。

 

ああ、チャドクガですね、こりゃ。

 

 

気付いてすぐに洗って薬を塗ったので1日経ってこの程度ですみましたが、

結構ぶつぶつして赤くなり痒くなります。

 

広範囲に出ることも多く、やっかいです。

 

みなさん刺されないように気をつけましょう!

 


窓からチャドクガ観察

こんにちは、りえです。

 

暑い日が続いていますね。

梅雨は明けたのでしょうか?

 

昨日今日と逗子はお祭り!

海へ遊びに行く方と、お祭りに来た方と、両方を楽しむ方とでごったがえしています。
と来たら、お祭りの様子の写真を載せると思いきや、
今日は我が家の窓から見たチャドクガ!
毛虫のときはもちろん、ガの鱗粉でもかぶれるし、死骸になってからでもかぶれる皮膚科医にはおなじみの虫。
うわ〜、もう見れば見るほど見てるだけで痒くなる〜。
結構広範囲に赤いぶちぶちができて、ものすごく痛がゆくなるので、
庭仕事をしたとか、椿の木のそばを通ったとかの後にそんな風になったら、こいつを疑います。
とはいえ、虫に刺されたところを見せて、「なんの虫ですか?」と聞かれることがよくありますが、
チャドクガのように典型的な皮疹が出るならともかく、種類までは・・・
ですが、小さい時に”女ファーブル”の異名を取った?私としては、それじゃ悔しい。
こういう教科書で、なんとか答え合わせをしています。
葉山院では夏になると、虫刺されとともに、親切に虫もセロハンテープにくっつけて連れて来てくださる患者様もいらっしゃるとかで、びっくり。
だいたいは、お話しの内容と皮疹で、虫の種類はわからなくても、治療方法はわかりますので、犯人の連行は結構ですゆう★(虫が苦手な中園先生より)
我が家の窓から見えるのはチャドクガだけではありません。
今年はパッションフルーツがだいぶ大きくなってきました。
まだ緑ですが、楽しみ〜
早く大きくなあれ。

 


幸せって自分のことが好きって思えること!

こんにちは、りえです。

 

先日書いた ”見た目の老化を受け入れやすくする医療” の記事に反響があり、

また色々考えています。

 

今度お笑い芸人の渡辺直美さんが主演で、7月くらいから始まるドラマ「カンナさ〜ん」というのを楽しみにしているのですが、

この原作のマンガが大好きです。

 

決して美人とは言えないカンナさんが、頼りない夫と離婚したり復縁したり、リストラされたり、嫁姑問題に悩んだり、子育てや仕事に奮闘したり、

でもものすごいポジティブパワーで乗り越えて行く、という話なのですが、

カンナさんは人の評価なんて気にせず、

自分が自分でいられる場所をずっと求めてがんばっている姿が、なんというかスカッとします。

 

そして、こんな人が近くにいたら、、、ちょっとびっくりしちゃうかもしれないけど、きっと幸せオーラがものすごいんだろうな〜と思うのです。

状況だけみていると、容姿だけでなく、決して裕福でもないし、才能がずば抜けているわけでもないし、

取り立てて人がうらやむものはあるわけではないのですが、自分が自分を好きでいられるかどうかの尺度で生きているカンナさんはきっと幸せなのです。

 

私も40歳を越え、医者になり、結婚し、子供を三人もうけ、開業し、ガンを患い、それなりにいろんな人生の局面を迎えてきて思うのは、

 

幸せ!って感じられる瞬間は、結局、自分が好き!と言える時なんだな、ということ。

 

あの人生のあの場面が今あっても、同じ選択をするだろうと自信をもって言えるのは、ものすごく幸せなことです。

 

 

ネットであれこれ言う人が社会に増えていると言われますが、一方で、多様な幸せの形があることも知りました。

人の口に戸は立てられぬとは言いますが、

 

負け犬の遠吠え、なんて、結婚できない人を言ったりしても、

その人が自分の生き方に自信もって、自分を好きでいられれば、幸せでしょうし、

「自分があんな見た目だったら不幸だ〜」なんて書き込みがあったとしても、

その人が自分自身を好きでいるならそれは幸せなことです。

 

他人を自分の尺度に合わせようとしても無駄なことですし、自分を他人の尺度で測るのもむなしいことです。

 

どんなに人がうらやむ才能や見た目やお金があっても、本人が自分を好きでなければやっぱり不幸に見えてしまう。

 

それから人様に迷惑かけて反省しない人には、そんなことして、自分を好きっていえるのかな〜幸せかな〜と余計なお世話かもしれないけれど、思ってしまう。

 

突然美容の話に持って行きますが、どんなに美容にお金をかけても、自分を好きになれない人は美への追求がやむことはなく、ずっと不満でいることでしょう。

逆に、ほんの少し手を加えてあげることで、自分に自信がついて、もっと自分を好きになれる人もたくさんいます。

 

逗子に開業して、この辺にお住まいの方をみていると、人生を楽しんでいる方が多いのか、

施術するたび、自分を好きになっていく手ごたえがこちらにも伝わって、まるで幸せを分けてもらってるようです。

美容医療って、光と闇の両方があって、それを正しく使えば幸せな人を増やせる仕事なんですね。

 

そんなことを今日の時点では考えています。

 

 

 

 

 

 

 


見た目の老化を受け入れやすくするための医療

こんにちは、りえです。

 

今日は常々思っていることを。

 

私の仕事は美容皮膚科をメインにしています。

美容皮膚科としていらっしゃる患者様は40代以上が多く、老化による変化の改善を求めている方がほとんどです。

 

アンチエイジングやハッピーエイジングなんて言葉はありますが、

毎日診療していて私が確信を深めているのは、結局見た目に関するそれらは、脳における自己イメージと実際の容貌のすりあわせなのかな、ということ。

 

ある日ふと鏡を見たときに自分が思っているより「老けた」と感じることはありませんか?

 

シミだったりシワだったりたるみだったりのせいだ、と思ってそれを取ってくださいと私のもとにいらっしゃいます。

治療でそれらがきれいに改善されると本来の自分に戻った感じがします。

私も「本来の美しさを取り戻しましょうね」なんてご説明をします。

 

患者様が治療で明らかにシミが減っているのに、元々こんなもんだったんじゃないか、という顔をしてらして、

治療前・治療後の画像を比較してご納得いただくことがときどき、いや、しばしばありますが、

それは、結局脳の自己イメージが ”シミのない自分” であるがために起こる現象なのかもしれません。

 

逆にシミだらけで、これくらいなら簡単に取れるし、取れたらきっと嬉しいだろうと私が思っても、

まったくシミ取りに興味を示さない方もいらっしゃいます。

それはシミのある自分を脳が受け入れていらっしゃるのでしょう。

あえて指摘することで、急に気になりだす方もいらっしゃるので、どこまで治療の提案をするべきかということは実はデリケートな問題です。

 

それから、ヒアルロン酸などの注入をやりすぎている方もときどきお見かけしますが、

これは自己イメージに混乱を生じてしまっているのではないかと思います。

 

どこでどうなったから混乱してしまうのかの線引きはまだ分かりませんが、

過剰な注入などをくりかえしているうちに、本来の自分が分からなくなってきて、もっともっと入れれば本来の自分になれるのではないかと錯覚してしまうのかもしれません。

 

ですので、私は極力患者様のご希望にたいして、過剰な期待を持たせることもしませんし、

やりすぎにならないことを念頭に置いて施術します。

 

ちょっと前のめりになった自分の実際の容貌を自己イメージに近づけつつ、それでも確実に進行する”老い”を脳が受け入れやすくしていくのが美容皮膚科によるアンチエイジングなのではないかと思うのです。

 

もっと若返りたいと思えば、いくらでもできてしまう現代。

自分の脳にあるイメージを極端に上書きしてしまうような治療は危険だと思っています。

 

ありのままの自分がたやすく受け入れられれば一番幸せなのかもしれません。

でも、ほんの少し老いていく自分を認められない自分もいるのもあたりまえ。

そこを医療でもって私が少しお手伝いして、患者様が自分自身を受け入れ、自信もって生きて生きていっていただけたらと願うばかりです。

 

 


母の日

こんにちは、りえです。

 

昨日は母の日!

 

長男が10歳のとき

「10回目の母の日だから」と奮発してピアスを買ってくれました。

 

それを覚えていた次男。

今年10歳になって、やっぱり10回目だから、とはりきってくれました!!

 

普段お兄ちゃんと違って、特に物欲のない次男。

お年玉をもらっても、お小遣いをもらっても貯めこむだけで、自分のものに使わない。

それを私のために使ってくれるなんて、もう、それだけでウルウルしちゃいそうです。

 

次男の定番となっている

”レインボーカーネーション”

 

IMG_0268.JPG

 

これは母の日だから絶対なのだそうです。

それから、メインプレゼントは最近珍奇植物を集めている私に観葉植物。

銀座通りに新しくできた花屋さんの店頭にいたこれ!

 

IMG_0271.JPG

 

本当はウツボカズラという食虫植物を買ってもらう予定だったのですが、元気のないが叩き売りになっているだけだったので、急遽予定変更

これもかなり珍奇です。

枯らさないようにしなければ!!

重たいのをパパに協力してもらって、持って帰ってきてくれました。

 

そして、夫は自分の母に次男は私にということで、夕食は二人でカレーとフルーツポンチを作ってくれました。

 

8C24D6D6-0819-4415-BA4C-479C145CAB8E.jpg

(食べる前はもっとなみなみと入っていました!)

 

白いのは杏仁豆腐!素から作ってくれました。巨大!食べ放題!!

 

そして、お手紙。

 

長男はもう思春期に入りつつあるのかすっかり母の日に照れてしまい、

三男は大人に言わされてよく分からず「お母さん と(?)ありがとう」

 

そんな母の日ですが、みんな家族仲良く幸せなのが私にとって一番のプレゼント。

元気に今年も母の日を迎えられたことに感謝です。

 

 

 

 

 


清岡優子さんのヴァイオリンリサイタルへ行ってきました!

こんにちは、りえです。

GWいかがお過ごしでしょうか?
今日から5月。スコールが降ったりして一気に夏モード。海が楽しくなりますね。
アウトドアが似合う逗子ですが、
昨日は私はヴァイオリンのリサイタルに行ってきました!
清岡先生は知る人ぞ知る逗子出身のヴァイオリニスト。
清泉高等学校を卒業された後、東京藝大に進まれた音楽界のエリート。
ご縁があって次男のヴァイオリンを教えていただくことになったのですが、
これからもっともっとご活躍される若手演奏家として医療法人としても応援しています。
とっても優秀なのはご経歴を見れば一目瞭然なのですが、
普段の先生はかわいくって、とっても優しい、素敵な女性です。
昨年は逗子文化プラザの小ホールでリサイタルをされたのですが、今年は大ホールでの演奏でした。
18194013_1320751438003020_2201648494649267987_n.jpg
(お写真は後でご本人にいただきました。)
あまりクラシック音楽に詳しくないので、あれこれ言うのはお恥ずかしいのですが、
いやあ、素晴らしかった!
横須賀出身の小泉耕平さんというピアニストの方との演奏でしたが、良い面を引き出しあって、馴れ合うこともなく、曲が進むにつれどんどん世界が広がって、リサイタルを通して起承転結、物語を読んでいるようでした。
18193718_1320752091336288_3945109108631303472_n.jpg
卓越した技術は圧巻でしたが、
それ以上に普段ご指導いただいているときによく口にされる音色へのこだわりはこういうことだったのね!とビシバシ伝わってきて、旋律の美しい曲の豊かさ、そしてあのかわいい先生がなんと力強い演奏をするもんだ、とびっくり
そして、なんといっても聴衆を楽しませようとしてくれている意識が高く、リサイタルの時間があっという間に感じられたのもそのおかげでしょう。
音楽とは聴いている人があってのものなんだと今までで一番感じさせてくれたリサイタルでした。
これまでももちろん息子の尊敬する先生ですが、演奏家としてますますファンになってしまいました。
(こんないい先生についているのに、なかなか練習しない息子が歯がゆい・・・)
リサイタル後に記念撮影。
クリニックスタッフのHさんと次男と。
さて今日は、良い音楽に心洗われ、私の淀んでいた気持ちもすっきりしたのか、
また新しいアイディアが生まれてきちゃいました!
新しいことを思いつくと生活にハリがでますね。人生はもっともっと楽しめる!!

日本形成外科学会@大阪

こんにちは、りえです。

 

形成外科学会に参加するため、大阪に行ってきました。

ブログ記事を書いていたのに公開し忘れて、連投です。

 

気を取り直して、学会ネタを。

 

形成外科学会ももう60年続いているそうです。

 

 

第二次世界大戦の後、外傷による醜形を治療するために発達した形成外科学ですので、

比較的歴史は浅いのですが、それでも60年!

 

今回の学会も大変勉強になりました。

例年と比べ、目新しいものはあまりなかったのですが、

形成外科の中での美容医療の立ち位置など、私が開業して8年目になりますが、ずっともがいていたことがやはり形成外科学会の中でもやっと注目されて来てくれていることが感じられたのが一番の収穫だったかもしれません。

 

それから能面師の中村光江さんによる教育講演。

極限まで抑えられた面。解剖学的に正確な老化の表現とデフォルメによる表情の表現との絶妙なバランスによって生み出される幽玄の美

 

ちょうど数日前に患者様から青葉の笛について教えて頂いたところで、無性に能を鑑賞しに行きたいと思いました。

 

さて、ここは大阪。

学会場に粉もんスタンドがありました。

その引換券が参加証についていました。

朝ごはんを抜いたので、小腹を満たそうと

 

たこ焼き!

所詮学会場の仕出しでしょ、と侮るなかれ、アツアツで美味しくって、思わず2枚目の券ももぎって、、、

 

じゃん!

 

粉もんの王様 お好み焼き!!

 

キャベツの甘さとシャキシャキがもっちりした粉と相まってスルスルとお腹に収まりました。

おそるべし大阪粉もんの世界!

時間があったら食べ歩きたかった〜


トレイルランの大会に参加しました!

こんにちは、りえです。

 

急に暖かくなり、外で過ごすのが本当に気持ちよくなりましたね!

 

昨日は家族で神武寺で行われたJr.トレイルランの大会に参加してきました。

 

トレイルランの日本代表にもなった宮地藤雄さんの主催で行われて、逗子では2回目。

 

昨年も参加させていただきましたが、参加者の熱気や大会の盛り上がりぶりに普段は静かな神武寺のお山が活気を帯びて、

ありがたくも気持ちが高揚してきます。

 

今年は私も3歳の三男と一緒に未就学児の部で走りました!!

IMG_5269.JPG

 

思いっきり走る格好をしている人もいれば、私のように普段着で参加している人も・・・

未就学児の部はとにかく完走が目標ですから、全然それでも大丈夫。

とはいえ、三男はみんなの武者震いの様子をみて自然と闘争心に火がついたようで、全コースしっかり走りました!!
(途中置いて行かれるかと思った・・・)
今年は長男が不参加だったのですが、次男ががんばった。
ちゃっかり家から軍手も持ってきて、やる気満々。
そして、パパ。
普段太り過ぎを気にして、休みの日は10キロくらい走ったりしているのですが、
山道は勝手が違ったようです・・・
IMG_0149.jpg
見よ、この苦しそうな顔!!
葉山院の衛生士さんもお子さんが参加されているとのことで、ばったり出会って、一緒に応援してくれたのですが、
「あんなジュンジ先生の顔、初めて見た〜」
とびっくり&大笑い。
上位のみなさんは、軽々と走っていらっしゃって、こんなギリギリな感じな人はいなかったんですけどね。
でも、普段インドアな我々にはほんとにきつかった!
神武寺に行くまでに見た鯉のぼり
IMG_5256.JPG
大会の熱気を静かに包み込む神武寺の自然
IMG_5284.JPG
また、ゆっくりハイキングもしてみたい。
ところで、葉山こどものための歯医者さんとして大会に協賛させてもらっています。
ビブスに名前を載せてもらいました。
IMG_5288.JPG
トレイルランニングの精神は子供達の成長に楽しく役に立つと思います。
子供達の健やかな成長を応援しています!!

 

 


何に向けて努力するか

こんにちは、りえです。

 

こどもたちも徐々に大きくなり、上のお兄ちゃんたちは中学受験やらヴァイオリンのコンクールで忙しくなってきた今日この頃。

昨日は救急救命医をやっている弟が姉ちゃんに相談がある、と逗子へやってきました。

 

私とだいぶ歳が離れている弟なので、まだ若いのですが、独身なので、

「いよいよ結婚!?」

 

とワクワクしていたのですが、

話を聞くと進路について。

 

救急専門医だとか、ICU専門医だとかを取得して、さあこれからどうキャリアを積むか。

弟はこれから東大の大学院を受けるかどうか迷っているとのこと。

 

私は患者さんの話を聞いて治療して、というのが一番楽しい、根っからの臨床医ですが、

弟は本に向かって勉強しているのが全然苦にならないそうです。

 

 

私は弟とは真逆のキャリアの積み方をしているので、そっち方面はあまり詳しくないのですが、

まわりが応援してくれて、それがやりたいことなら、ぜひ進むべきと背中を押しておきました。

 

私は自分のクリニックがあり、まだまだ勉強していかなければいけないとはいえ、

目の前の患者さんがよろこんでくれていて、

葉山の分院も順調で、

家族もそれぞれの未来に向かって自分で努力し始めていて、

言うことなしなのですが、

もともと、努力するのが性に合っているはずなのに、努力といえる努力を今しているか、と言われれば、

なんだか足りない気がするのです。

乳ガンになってから、毎日の生活でいっぱいになってしまって、未来に向けての努力というものができなくなっている自分がいます。

 

まだまだ可能性のある弟や子供たちを見ていると、贅沢かもしれませんが、取り残されたような気持ちにならないといえばうそになります。

 

何に向けて努力していこうか・・・

傍から見るとパワフルに見えるらしい私ですが、ひっそりと不完全燃焼な気持ちをかみ締めております。

 

ちなみに、弟の結婚話はけの字もなく、最近フラれてしまったそうです・・・

まだまだ努力!ですね。


| 1/14PAGES | >>