ブログランキング

逗子メディスタイルクリニックFacebookページ

抗がん剤後の増毛にもGOOD!!

こんにちは、りえです。

 

脱ウィッグして早3ヶ月。

脱ウィッグするのに足踏みしていたのが、ペロバームというヘアケアラインを使い始めて脱ウィッグする自信がついたのですが、

使い続けてまだまだ増毛してきています。

 

PC200768.JPG

 

PC200770.JPG

 

前額部の生えぎわに細かい産毛がみっしり生えてきてくれているのが嬉しい。

 

P9100729.JPG

(3ヶ月前の脱ウィッグ当初の様子。毛もふわっふわでアレンジで頭頂部を隠しています。)

 

まだまだもとの毛に比べると少ないですが、伸びるのも早くなり毛もしっかりしてきました。

何度かそろえてもらい、ヘアサロンで勧められてパーマもかけました。

 

タイミングだったのかもしれませんが、ペロバームを使い始めてから、という実感があります。

 

長さが出てからの脱ウィッグだったので、気付かない患者様も。

ご存知の患者様からは

「ウィッグ取ってからずいぶん増えましたね〜」と言っていただいています。

 

このヘアケアライン、ヘアフィラーという新しい注射剤を開発した会社が出しています。

 

PB_all.jpg

 

頭皮に細い針でチクチクと浅く注射していく薬剤には7種の発毛シグナルに関連するペプチドが配合されており、

このヘアケアラインには3種が配合されています。

 

ヘアケアラインに特徴なのが、プロペシアなどでご存知の方もいらっしゃると思いますが、

フィナステリドという成分とペプチドを結びつけたものが入っており、

注射などでしっかり増毛したあとはこのケア剤を使っていれば理論上内服をせずにすみます。

 

ただ、最近はザガーロという1型2型の5α還元酵素を両方阻害する内服薬もあり、

AGAの方がより効果を出したければ、ヘアフィラーの注射+ザガーロが一番いいかな、と思います。

 

最近薄毛の相談が非常に増えてきており(やっぱり薄毛の悩みの分かるドクターだからかしらん?)

注射の患者様も増えていますが、

そこまでは、、、という方にも基本のホームケアとしてこのペロバームをおすすめしています。

 

よくある薬用シャンプーのような匂いもなく、むしろほのかなよい香りで若い女性にも好評で、

洗いあがりもペプチド配合ですので、きしんだりせず、気持ちよいですね。

まだ患者様にご紹介し始めて日が浅いですが、リピート率も高いです。

 

 

お値段が

シャンプー 3500円

コンディショナー 3500円

ローション 9000円

です。

(眉毛の育毛剤もありますが、当院では扱っておりません。ご希望の方はおとりよせできます。)

 


ご来場ありがとうございました!

こんにちは、りえです。

10月28日の講演会では沢山の方にいらしていただき、誠にありがとうございました。

130席ほどの会場で、当日券ご購入のため、並んでくださる方もいて、ほぼ完全に埋まるほどの大盛況。
がんに対する関心の高さが伺えました。

PA280091.JPG


川嶋先生のご講演は、さすがの明快さ!
今日の診察で、会場にいらっしゃった患者様から
「川嶋先生の信者になっちゃいそう」
と言われるほど、聴衆の心をわしづかみに。

大橋マキさんは、爽やかにアロマの可能性をご紹介してくださり、
その後のディスカッションの進行も、さすがプロ!
こういった場が不慣れな私からも自然に言葉を引き出してくださって、とてもやりやすかったです。



パネルディスカッションでは、活発にご質問も出て、まだまだ話したりないところも多かったのですが、
時間で終わらせていただきました。

アンケートでも、続編を望むお声が多かったので、
また、機会をみて、ちょっとずつテーマを変えて講演会を開催できればと考えています。

川嶋先生からご著書を最新刊から3冊ご紹介いただき、
当日販売いたしました。

物販カウンターが混んでいて、当日ご購入できなかったという方がいらっしゃったので、
少しまた取り寄せましたので、クリニックでもしばらくお買い求めいただけます。

ちらっと立ち読みしたい方は、当院待合の図書にも入れてあります。

上の写真でもお分かりになるように、当日着物で登場しました!
久々の着物、とっても気持ちよかった。
ちなみに、この着物は逗子銀座商店街の着物屋サン『松屋』さんで子供の入学式用に作ったものです。


縫い紋入りの色無地っていろいろ活躍しますね!
また、三男が大きくなってきたら、着物を着る機会を増やしたいものです。

なぜ『がん難民』は生まれるのか?

こんにちは、りえです。

Yahoo!ニュースでこんな記事を見つけました。

なぜ「がん難民」は生まれるのか?

他の国にくらべて、比較的どの地域にいても標準的な治療を受けることができる日本は恵まれています。

ただ、それでも、”がん”といういわば「命の期限」を突きつけられるような現実を目の前にすると
惑います。

”がん”を受け入れられないがために、”治療”を受けないという選択枝を選んでしまうこともあるかもしれません。

あるいは受け入れられないことを、ときとして病院のせいにしてしまったりもするでしょう。
もちろん、”がん”を自分のものとして受け入れてもらい、一緒に治療を行うところまでもっていくのも医療者の力量だと思っていますが、ニュース記事にもあるように、
がん以外の患者さんもひとりでたくさん受け持っているドクターには果たしてそこまで可能かどうか・・・

それからどんな治療を行うにしても、「絶対治る」という保証もないということも惑う一因です。

ぜひ、病院を選ぶ上で『通いやすい』というのを点数高くつけてください。
そして、もしどうしても治療を受けたい病院が遠方であった場合、
残念ながらがんが進行してしまったらどの時点で地域の医療機関に治療の主軸を移すかをある程度決めておいてください。

当院のがんサポート外来では現時点では訪問医療は行っていませんが、
どうしても今の医療体制の不備による
医師 ⇔ 患者 コミュニケーションの不足
を補うことができれば、と考えています。

もちろん、”がん”と一口に言っても各臓器ごと、各ステージごと、またがんのタイプによっても治療は異なります。
私が専門に勉強してきたのは皮膚ですので、それ以外のがんの場合
御一緒に勉強させてもらわなければならないことも多いかと思いますが、
『がん難民』とならないための一助になりたいと考えています。

先日、手術することをためらわれていた患者さんから
術後、
「先生のおかげで手術する決心がつきました。症状が楽になって、なんであんなに悩んでいたのか分からないです。」
とおっしゃっていただきました。

”がん”も怖いけど”治療”も怖い。
でも、現代日本にせっかく生きているのですから、
来るべきその日まで、現代医療のいいところを上手に使って、できるだけ快適に過ごしましょう。

『がん難民』なんかにならないでくださいね。



 

2人に1人が”がん”になる時代をハッピーに生き抜く方法 講演会のお知らせ

こんにちは、りえです。

今日は10月に当院主催で行う講演会のお知らせです。

講師に 日本の統合医療の第一人者であり、私の統合医療塾でのお師匠さんである

川嶋 朗 先生



葉山にお住まいで、アロマセラピストで元フジテレビアナウンサーの

大橋 マキ さん

をお迎えします。

2時間ですが、川嶋先生話し足りるかしら?テレビや雑誌などでも大活躍されているので、お話しもとっても面白くて
目からウロコがぼとぼと落ちます。

お二人のお話のあとにはパネルディスカッションとして、
みなさんからのご質問にもお答えする時間も取ります。
人前でお話されることに慣れているお二人に対して役不足ながら、
乳ガン経験者として、私も並ぶことになりました。

ご自身が、あるいは愛する誰かが”がん”になったとき、
どのように向き合うか、知っておいて損はないお話だと思います。

日時:10月28日水曜日 開場13:00〜 開演14:00〜16:00
場所:逗子文化プラザさざなみホール
参加費:1000円(全席自由)

お申し込み方法:
.曄璽訌觚での購入
FAXでのお申し込み
e-mailでのお申し込み info@medi-style.jp
(◆↓ お振込先 三井住友銀行 逗子支店 普通6832262 医療法人メディスタイル)
た犹劵瓮妊スタイルクリニックで購


講演チラシ表(入稿用).jpg
講演チラシ裏修正(入稿用)20150730_edited-4.jpg
文化プラザの小さい方のホールですので、お申し込みはお早めに。

また、開催までにちょこちょこお知らせしていきたいと思います。

 

乳房全摘した人にもおすすめの水着

こんにちは、りえです。

暑いですね〜
逗子海岸の新しい遊具が大人気ですが、もう遊びましたか?

私は海で水着になって遊ぶのは妊娠して以来していないのですが、
今年のお盆は島へいこうと思っていますから、いよいよ久々の水着!!

とはいえ、右乳房を全摘しており、普段はユニクロのカップ付きインナーを愛用しているわたしですので、
水着もなんとかごまかせるものはないかと探してみました。

もちろん、乳ガン患者用水着、と検索すればでてきます。
が、

高い!
ダサい!!

です・・・

そこで、御用達の”楽天”でアレコレ時間をかけて吟味しました。

カップが自立するくらいしっかりしていて、上のほうのえぐれ感も程よく隠してくれて、
できればボディラインもカバー・・・

で、見つけたのがこちら


↑デザインの好き嫌いはあるでしょうが、程よく地味派手で3児の母にはちょうどよさげ。
タンクトップ型なのが、上のボリュームのないところをうまく隠してくれます。


↑カップの厚みも充分!

試着してみたところ、あまりにばっちりで感動したのでここにUPしたくなっちゃったというわけです。

http://item.rakuten.co.jp/angelluna/bds14034/

↑こちらで買えます。値段も税込み3132円!(嬉しい〜)
色違いで赤もあるので見てみてください。

これにUVカットパーカーを羽織れば今年の海遊びは申し分なしです。
こどもたちと思いっきり遊ぶのが待ち遠しくなりました。
 

髪を切ってきました。

こんにちは、りえです。

髪を切ってきました。

昨年乳ガンの化学療法で、ちょうど今頃から髪が抜け始め、2週間ほどですっかりツルツルになってからの初めてのヘアカットです。

髪を切りに行ったヘアサロンさんは逗子一丁目で当院のすぐ近くにある

Deiz さんです。

実は、当院のがんサポート外来の主旨に賛同していただき、提携させていただいています。
当院のサポートメンバーズカードをお持ちいただくと

初回20%off!

また、なんといってもこちらのサロンは個室があります!!

だいぶ生えてきたとはいえ、普段かぶっているウィッグをはずして初めて他人様の目にさらすのはなかなか勇気が要ります。
でも、切らないといつまでもウィッグを外せないし、
なんだかブワブワしてウィッグのおさまりも悪い。

夏までにベリーショートで脱ウィッグ!を目指す私としては、そろそろ一度揃えたい・・・

ということで、こんなことになろうかと(?)提携をお願いしていたDeizさんに予約。
個室も使わせてもらいました。

一点、洗髪のときだけ、数メートル外に出なきゃいけないので、
気になる方はタオルを巻いてもらってもいいかもしれません。
帰りは当然しずくを落とさないためのタオルが巻かれます。

ウィッグのカットも通常のカットに+3000円でやってくださるそうです。

これまでも、がんの患者さんのご経験もあるとのことで安心です。

私は店長さんをご指名させていただきましたが、
他のスタッフの方もとっても感じがよくて、居心地がよかったです。

がん患者さんの切実な髪問題。
安心できる場所でケアしてもらいたいものですね。


 

漢方外来、始まっています!

こんにちは、りえです。

あっという間に2月ですね!
漢方外来もおかげさまで受診者数を伸ばし、成果もあがってきています。
本当に漢方薬は不思議で、証が合うと奇跡のようによく効き、悩んでいた症状だけでなく性格まで明るくしてしまうんですね。
眉間にシワを寄せていた患者さんが翌週ににっこにこで顔色良くいらっしゃったのにはビックリしました。

私も普段からセルフメディケーションとして漢方薬を自分自身や子供たちに使っていますが、
私の使い方は西洋薬の様に割りと対症療法として急性症状に使うことが多く、
あやお先生ほど舌診・腹診・脈診をして証をみて、まではなかなかできないので、
とても勉強になります。

漢方外来を受診しよう、とされる方はだいたい覚悟されていますが、
私がニキビの患者さんなどに、このタイプは効くな、と思ってお出ししても、
まずくて飲めない、という方もいらっしゃって、ちょっと悔しい思いをすることもありますけど・・・

それから、漢方薬なんてまやかしだと思っているお医者さんも特にお年の先生に少なからずいらっしゃって、
もったいないな、と思うこともありますが、
目指す医療の方向性が違うというだけですから、患者さんに選んでもらえればよいと考えています。
私の学生の時には短い時間でしたが、漢方薬の授業もあったように思うのですが・・・

特に私は患者さんが治れば、あるいは心地よく暮らせればどんな手も使うべきだ、と考えているので間口は広いほうかもしれません。
一応良いと言われる物は、一度勉強してから取捨選択するようにしています。

あとは害にならないと分かっているものは、積極的に。
ということで、2月3日には害にならない恵方巻と歳の数だけ節分のお豆も健康を願っておいしくいただきました。
昨日は立春。
でも今朝は冷たい雨が降っていますね。
気温の変化が激しいですが、どうぞ皆様お健やかにお過ごしくださいませ。




 

がんサポート外来のパンフレットができました!

こんにちは、りえです。

以前にお話しした(記事はコチラ)『がんサポート外来』のパンフレットができあがりました!!



ひとまず300部刷ったので、関係各所に配って修正点があれば直して増刷する予定です。

もしご興味あって、欲しいとおっしゃる方がいらっしゃればお分けいたしますので、お気軽にお申し付けくださいませ。

私の写真は、少々若いですが、またそのうち髪の毛が生えそろったらちゃんと撮り直しますので・・・

 

がんサポート漢方外来担当医師プロフィール

こんにちは、りえです。

お待たせいたしました。
がんサポート漢方外来をご担当いただく

鈴木理央(すずき あやお)先生のプロフィールです。
お名前の感じから女性だと勘違いされがちですが、男性です。


suzuki.JPG 

 

経歴

宮崎医科大学医学部(現宮崎大学医学部)卒業

東京医科歯科大学形成外科入局後、各地総合病院の形成外科に勤務

2009年 横須賀市立市民病院形成外科

2013年    同 科長   

形成外科に従事しながら、創傷治癒の観点から全身の栄養管理・漢方薬の可能性に気づき、漢方医学・臨床栄養学を学ぶ。

現在、ベイサイドクリニック漢方外来(非常勤)も担当

 

資格

日本形成外科学会専門医

日本創傷外科学会専門医

日本静脈経腸栄養学会認定医

日本褥瘡学会認定師(医師)

 

日本静脈経腸栄養学会学術評議委員

日本褥瘡学会関東甲信越地方会世話人

神奈川摂食嚥下・リハビリテーション研究会世話人
日本東洋医学会会員

 

 

特技

包丁研ぎ


実は私の医局の先輩です。
いつのまにか漢方・栄養までも操るようになられて、実績をあげていらっしゃいます。
私のがんサポートクリニックの主旨にご賛同いただき、ぜひ協力したいとおっしゃっていただきました!
私側から見ると、ただ漢方薬のご専門というだけでない、同じ分野を知っている者どうしの安心感が非常にあります。

特技が包丁研ぎというのは知らなかった・・・うちのもやってほしい・・・

今日は夜、鈴木先生も交えてスタッフ一同およびそのお子さん達とクリスマス会です。
昨年のこのクリスマス会で、私から、これからがん治療に向う決意表明みたいなのをスタッフみんなにお話したのが昨日のようです。
スタッフの皆さん、一年ありがとう。これからもよろしく。




 

がんサポート漢方外来が1/19始動します!

がんサポート漢方外来が1/19始動します!



こんにちは、りえです。



1月19日より毎週月曜日午前(9~13時)



悪性腫瘍、慢性疾患をお持ちの患者さんのための外来です。

標準治療をお受けになっている方への補完として、

メインの疾患に随伴するマイナートラブル、治療の副作用を緩和し、QOLを改善することを目的としています。

特に、がんサポート漢方外来では、

だるさ、冷え、食欲不振、倦怠感、低栄養、口内炎、むくみなだの様々な症状に対して

保険適応となっている漢方薬を使用したり、栄養管理、運動、日常生活へのアドバイスなどを通して、

患者さんと意見を交わしながら患者さん個人に合った方法を検討し、

より良い日常生活を送ることができるようにサポートいたします。



担当医は

鈴木理央(すずき あやお)先生です。

プロフィールは次の記事でアップします。



受診される方はがんサポート漢方外来を受診したいとお電話でお問い合わせください。

主疾患の治療をしてくださっている先生の紹介状をお持ちになると診察がスムーズです。

受診後改めてお持ち頂いても、またはお持ちいただかなくても受診できます。



ただし、当外来はセカンドオピニオン外来ではなく、主疾患そのものの治療に対する専門家ではありません。

また、漢方薬のみでのがん治療は困難であり、

漢方薬だけで「がんを治したい」というご要望には残念ながらお応えすることができません。



入院設備はありませんので、状態悪化に伴う入院などの対処もお受けし兼ねますのでご了承下さい。



現時点で精神科、心療内科医師が不在のため、精神症状が強い方の治療はお引き受けできない場合がございますが、患者さんをサポートされているご家族の方の気分の落ち込み、体調の変化などのご相談もお受けいたしますので、お気軽にご相談下さい。

| 1/2PAGES | >>