ブログランキング

逗子メディスタイルクリニックFacebookページ

フレスコボール体験会ご報告

rこんにちは、りえです。

 

GW明けの大忙しがひと段落したら、もう5月も半ば。

なんだかもう梅雨の気配までしてきて、焦る焦る

 

そんなわけで、フレスコボール体験会のご報告が遅くなりました!

 

GW前半は荒れ模様の天気。

雨女の疑いが濃厚だったTさんがプロジェクトリーダーなので、本番どうなるか、と思ったら、

連休中で最も良い天気に恵まれました!

 

なんと、太陽の周りに虹の出る”ハロ現象”という珍しい現象が起こり、さらに、2重に虹が出るというなんともめでたいお空に彩られながらの開会式。

 

 

 

逗子市長にもご挨拶をいただきました!

そして、テニスが得意な市長は、なんとこのために事前に練習をしてくださっていて、とってもお上手でした。

 

 

 

日差しはものすごく強く、我々美容皮膚科医としては、外に出てはいけないような天候でしたが、

そこは美容皮膚科医だからこそ技術でカバー。

クリニックでしか買えない日焼け止めを各種お試しにおいておき、

自分たちも使ったのですが、

肌が火照ることもなく、非常に優秀でした。

 

 

普段使いはSPF30くらいまでを推奨しているのですが、さすがにフレスコボールをするときはSPF50を使っていただきたいと、

2メーカーをチョイス

一つは宮古島トライアスロンでも大丈夫だという、使い心地さらっと、超ウォータープルーフのUVカットと

もう一つはスイスのオーガニックコスメで使い心地は重めですが、その分しっかりプロテクトしてくれる種類豊富なUVカット

 

スチールパンのバンドのLUNAさんたちも炎天下演奏する前に使ってくれました。

 

 

その、スチールパンの響きが波に吸い込まれていく中で、フレスコボールの小気味よい音がビーチでリズミカルに聞こえているのがことのほか心地よく、

お子さん方も含めて、とってもたくさんの方々がフレスコボールをにこにこしながら楽しんでくださっている様が、

虹も合わせて、夢の中にいるようで、なんとも幸せな時間でした。

 

いくつかTVの取材もあり、

 

 

さわやかイケメンリポーターさんも来てくれました!

 

 

さて、フレスコボール唯一のネックが実は”音”

私は初め、音に惹かれてフレスコボールに出会ったので、心地よく感じる音なのですが、

上手な人が思いっきり振った場合、結構音が響くようで、気になる方もいらっしゃるようです。

 

その”音”を解決するべく、今回は逗子海岸お近くにお住いの職人Yさんにお願いし、

『消音ラケット』を作っていただきました。

 

 

メディスタイルオリジナルの焼き印も入れてもらって、素敵!

 

なんと、1時間半で50セットが完売!!(パチパチ!)

関心の高さが伺えます。

 

結局、300名以上もの方がこの体験会でフレスコボールに触れてくださり、

体験会は大盛り上がりでした!

 

日本代表の斎藤亮太選手は打ち上げで

「これまでの体験会で一番盛り上がり、一番たくさん来てくださり、一番楽しかった!!」とおっしゃっていました〜

 

日本フレスコボール協会の会長さんも

「今、逗子海岸がフレスコボールの聖地みたいになっていますよ」と

 

まだまだ認知度の低いフレスコボール。

ネガティブ要素のない、非常に良いスポーツだと思います。

 

週末には逗子フレスコボール協会の方々が逗子海岸のどこかでフレスコボールやっていますので、

ぜひ、お気軽にお声をかけてください。

ラケットも貸してくださるはずですよ。

 

翌日に行った逗子海岸

昨日の賑わいはどこにいったの?というくらい落ち着いていました。

 

 

 

でも目を凝らすと、あっフレスコのラケットを持っている人!!

 

 

楽しみです!!


なぜフレスコボールを応援しているのか

こんにちは、りえです。

 

ようやくGWが数日過ぎ、ほっと一息つきました。

 

5月5日のフレスコボール体験会が近づいてきていますが、なぜ医療法人メディスタイルが、フレスコボールを応援しているのか、

ここでお話ししておきましょう。

 

私がフレスコボールに出会ったのはもう数年ほど前。

逗子海岸で軽快な音を立てて、若い女性二人が、カラフルなラケットでラリーをしているのを見かけました。

そのころ私はおそらく乳がんの治療の影響がようやく抜けようかという時期で、運動不足解消のために逗子海岸を散歩していました。

 

とてもまだラケットを振り回す元気なんてなかったのですが、

お見かけしたお二人はとっても上手で、こともなげにラリーを続けていたので、簡単そうに見えたんだと思います。

乳がん治療がひと段落して、これから再発予防をしなければ、運動もしなければ、と考えていたところで、

これなら子供とも楽しく手軽にやれそうだ、と感じたのが始まりです。

 

思わず初対面の女性に「それは何のスポーツですか?」と声をかけたところ

 

「フレスコボールというブラジル発祥のスポーツなんですよ」

と教えていただきました。

 

帰るまでに”フレスコボール”という名前を忘れたら大変、と

スマホでAmazonから早速ラケットのセットを注文したのを覚えています。

 

その後はそんなに頻繁ではありませんでしたが、子供たちと海岸で時々遊んでいる程度。

 

フレスコボールって知ってる?と周りの人に聞いてみてもあまり知っている人もおらず、

海岸であんなに気軽にできるスポーツがあまり知られていないなんて残念だなあ、と感じつつ時間は過ぎていきました。

 

数年経ち、ある時、うちの看護師さんが「先生、フレスコボールって知っていますか?私、女性の日本代表の人と知り合いなんですが、応援してあげませんか?」と言ってきたのと、

今回協賛してくださっている、逗子不動産のYさんが「フレスコボールやってる人たち応援してあげない?」

とHさんを紹介してくださったのが同時期で、

さらにHさんは、うちの長男と娘さんが同じクラスだったこともあり、タイミングがばっちりとはまりました。

 

さて、”未病”という言葉をご存知でしょうか?

健康と病気の間で連続的に変化している状態をいいます。

神奈川県では”未病を治すかながわ宣言”として、

特定の疾患の予防・治療だけではなく、心身の状態を整え改善する『未病を治す』取り組みを進めています。

 

そのために、「食」「運動」「社会参加」が必要である、参加型医療を目指そう!と言っています。

 

医療法人メディスタイルのコンセプトとして、”QOL(生活の質)の向上”があります。

私が携わっている美容医療というものの中には大きく「容姿や容貌を変えて美しくする」ものと「美しさを保ちたい、加齢や病気で衰えた状態を改善したい」というものがあります。

主に私が行う美容医療は後者。

何より「予防」が大きな部分を占めます。

 

そのほか、医療法人メディスタイルでは、”逗子キッチン”を通し、バランスの取れた食事を提供することであったり、

歯科治療、摂食嚥下リハビリテーションでしっかり食べる機能を整えることで「食」の部分を支えてきています。

 

残りの「運動」と「社会参加」ですが、

私たちが応援するこの”フレスコボール”は同時に二つを叶えます。

 

フレスコボールは一人ではできないスポーツ。

誰かと協力して行うのも立派な社会参加。

 

リオデジャネイロのフレスコスクールのインストラクター・ジェファーソン氏はこう言っています。

「私の目的はこども・若者・そして大人が混在する場所を作り、生活の質を上げ、社会的排除者をなくすことである。

それにはフレスコボールというスポーツが相応しい」

 

医療法人のクリニック(逗子メディスタイルクリニック(美容皮膚科・歯科・訪問歯科)・葉山皮膚科アレルギー科・葉山こどものための歯医者さん・葉山耳鼻咽喉科アレルギー科)にはもちろんのこと、

JR逗子駅前にある”逗子キッチン”には赤ちゃん連れ、学生さん、主婦グループ、家族連れ、お勤め帰りのおひとり様などいろいろな年齢層の方が来てくださっています。

 

まさにフレスコボールも、そういったすべての方々に楽しんでいただけるスポーツです。

 

そして、もう一つ私の野望。

 

逗子海岸からフレスコボールを流行らせたい!!

 

初めて日本で大会が行われたのは2015年に三浦海岸でだそうです。

 

海岸を持ついろいろな地域でフレスコボールは広まりつつありますが、

ぜひ、ほかの地域から”逗子海岸でフレスコボール”をしに来てほしい!

 

逗子は観光資源がそう多くはありません。

でも、都内から日帰りできる利点もあり、電車の駅から海岸も徒歩圏。

夏は海水浴客でにぎわいますが、冬はそれほどでもありません。

 

観光資源として年中楽しめるフレスコボールもありではないでしょうか?

 

本業がプロデューサーでもないのに、こんなことを考えて、たどたどしくフレスコボールを応援しています。

なぜ医療法人がフレスコボールを応援?と思っている方も多いと思います。

ご賛同いただける方がいらっしゃれば、ぜひ一緒にフレスコボールを応援していただきたいです。

(私より上手にプロデュースしてくださる方多いんじゃないかしら?)

 

ひとまず、フレスコボールってどんなもの?と思われた方は前記事にありますとおり、

5月5日12〜17時に逗子海岸へお越しください。

手ぶらで大丈夫でーす(^^♪

 

あ、ただ応援しているだけじゃなくて、宣伝もしておかなきゃ。

今回”逗子キッチン”の玄米を使った新作メニュー

『湘南ブラウンライスバーガー』も販売します!

ぜひこちらもご賞味ください。

 

それから、クリニックでしか買えない肌にやさしいUVカットの試供品配布や、

スイス生まれの肌に優しくてウォータープルーフのultrasunのプロモーション、宮古島トライアスロンでも使われたウォータープルーフのUVカットのお試しなど、UVカットのお試し会もしています。

 

早めに来るといろいろもらえますので、ぜひお早めに〜♪

 

 


フレスコボール体験会を開催します!!

 

こんにちは!

逗子メディスタイルクリニックの種元です☺

やっとあたたかくなり、外に出るのが気持ちいいですね♪

もうすぐ、待ちに待った10連休!!GWになります!!

そのGWの5月5日(日)12:00〜17:00

フレスコボールの体験会を行います★☆

皆様、フレスコボールをいうスポーツはご存じですか?

ブラジル リオデジャネイロ発祥の新感覚のビーチスポーツです。

味方同士でラリーを続けるので”思いやりのスポーツ”とも言われてます。

最近では逗子や葉山の海岸でやっているのを見かける方もいらっしゃるのではないでしょうか☺?

とても気軽にできるスポーツなので子供から大人まで、どんな年齢の方でも楽しめますよ♪

 

参加費は無料

ラケットやボールの無料貸し出しもおこなっているので、

皆様ぜひご参加ください☆

 

 

 

何か気になる事や、ご質問等ございましたら

逗子院の種元までご連絡ください♪

 


2019年総会!

こんにちは、りえです。

毎日飛ぶように過ぎていき、ブログがあっという間にお留守に。
Facebook、インスタはブログよりは更新頻度高めなので、ぜひフォローしてみてください。
さて、4月上旬に今年の総会を行いました!
今回は夏に耳鼻科ができてから、初めての総会。
人数もだいぶ増えました。
各院から院長と代表者が、各科のトピックを発表するのですが、
耳鼻科も増えたのでさらにバラエティに富んだ内容でした。
私は今回着物で。(間に合いましたが、診療後に自分で着るのはなかなか緊張感ありました。)
産休明けの葉山皮膚科の中園院長もお子様連れで参加。
葉山こどものための歯医者さん、島田キャプテンは相変わらず、盛り上がる発表
葉山耳鼻科の畑先生もアレルギーのお話
摂食嚥下リハビリテーションから、とろみ剤の実演なども
もちろん懇親会も大盛り上がり
新しい先生やスタッフも増えて、メディスタイルは仲良く、とっても楽しいです。
来年はなんと10周年!!
今年は10周年に向けて、対外的にも対内的にもいろいろな企画を考えていきます。
地域の皆様とのつながりもできてきて、たくさんの応援も得ることができ、医療法人として充実した活動を行えていると思います。
5月5日には逗子海岸でフレスコボール体験会も開催する予定です。
医療法人メディスタイルはみんなで元気に楽しく、みなさまの美と健康を支えていきます!

成長と旅立ち

こんにちは、りえです。

 

今日はまったくプライベートな話題です。

 

先ほど、中一の長男を成田空港まで送ってきました。

 

ほんの2週間ですが、春休みを利用して短期留学のためニューヨークへ一人で旅立っていきました。

 

来年の9月から本格的に留学するのを見据えての体験留学です。

そして残された私ときたら、周りによく言われる寂しさよりも、

 

「めでたい!」

 

という気持ちになってブログを書いています。

 

中学受験のとき、愛知県の全寮制の学校も特別給費生として合格していたのですが、

中学生から全寮制に行かせるなんて反対!と許さなかった私です。

しかし、長男はこの1年でずいぶん成長しました。

 

留学したいと決めたのも本人です。

 

あまり口数の多いほうではありませんし、

いわゆる中学生男子の馬鹿さ加減もたっぷりと持ち合わせてはいるものの、

でも自分で決めたことはきちんとやる意志の強さなんかもあり、

母としてはもう見守るしかないな、という心持ちです。

 

留学する日が近づいてくると、単語帳を握りしめ、一生懸命英語の勉強をしていました。

そして昨日は自分からさっさと髪を切りに美容院に行って(いつもはパパが切る)準備万端。

 

もはや思春期になり、ベタベタと甘えてくれることももうなくなってしまった彼ですが、

行く直前に

 

「おにぎりが食べたい」

 

と保温時間長めのありあわせのごはんで作ったおにぎりを

 

「おいしいおいしい」

 

と食べてくれたのは、

私の勝手な思いかもしれませんが、私への感謝の気持ちの表現なのかな、と解釈しています。

 

ここのところの子供達のダイナミックな成長ぶりが目覚ましく、

一瞬も目を離せないスリリングな気持ちを味合わせてもらっています。

 

我が家は3人の息子たち。

 

女子も欲しかったでしょう、と言われますが、

もはやよくわかりません。

この息子たちが私の元に生まれてきてくれてよかったなあ、と思うばかり。

 

留学したいというのを聞いたとき、何をわざわざ苦労しに行くのか、とはじめは思っていましたが、

何なんでしょうね、男だから?彼だから?

もう気持ちは外に向いているんだ、と母は自分を納得させざるを得ないんですね。

 

自分がよい母かはわかりませんが、結局もはや私は古里でありさえすればいいのかな?と。

 

クリニックを開院した時に幼稚園生だった息子は一人でニューヨーク行っちゃうようになりました。

ああ、めでたい!

 

今日のこういう気持ち、書き留めておかなければきっと忘れちゃいますよね。

お付き合いいただきましてありがとうございました。

 

そして長男、いってらっしゃ〜い!!

 


| 1/159PAGES | >>